IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

VaxartのCOVID-19ワクチン候補の2部構成の第II相試験の最初の部分からのデータは、2022年の第3四半期に利用可能になると予想されます。

インドでのプラセボ対照有効性試験を含む、Vaxartの国際的な第IB相および第II相COVID-19試験は、今年開始される予定です。

高齢者を対象としたノロウイルスワクチン候補のVaxartの第IB相試験の結果は、2022年の第2四半期に予想されます。

2022年3月31日までの3ヶ月間の決算

Vaxartは、2021年12月31日現在の1億8,270万ドルに対し、1億5,700万ドルの現金、現金同等物、および売却可能負債証券で第1四半期を終了しました。

当社は、2022年第1四半期の純損失が2,510万ドルであったのに対し、2021年第1四半期は1,600万ドルでした。2022年第1四半期の1株当たり純損失は0.20ドルでしたが、 2021年の第1四半期。純損失の増加は、主に研究開発費の大幅な増加によるものでした。

2022年第1四半期の収益は、2021年第1四半期の506,000ドルに対し、85,000ドルでした。この減少は、日本でのInavirの販売によるロイヤルティ収入の減少によるものです。

研究開発費は、2021年第1四半期の1,010万ドルに対し、2022年第1四半期は1,820万ドルでした。この増加は主に、人員および関連費用の増加と、COVID-19に関連する製造および臨床試験費用の増加によるものです。 ノロウイルスワクチンの候補。

一般管理費は、2021年の第1四半期の590万ドルに対し、2022年の第1四半期は670万ドルでした。この増加は、主に人員と関連費用の増加によるものです。