IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ビジネスハイライト

転写調節プログラム:CYC065 CDK阻害剤

用量漸増、第1相、ヒト初回臨床試験の第1部から推薦された第2相用量(RP2D)を選択した。 RP2Dは、進行した癌を有する10人の患者を登録した投与レベル6で決定された。 9人の評価可能な患者のうち7人において、CYC065の単回投与後少なくとも24時間、Mcl-1バイオマーカーの持続的な減少が観察されたが、これは概して耐容性が良好であった。 Mcl-1、MYCおよびMcl-1 /サイクリンE増幅癌の3人の患者において、予備的抗癌活性が観察された。試験はボストンのDana Farber Cancer Instituteで実施されています。

この研究の第2部では、進行した固形腫瘍、特にサイクリンE増幅腫瘍を有する患者を登録する。そのような腫瘍には、高悪性度漿液性卵巣癌および子宮癌

急性骨髄性白血病(AML)を有する高齢患者における経口サパシタビンの第3相試験の結果の要約が、米国血液学会(ASH)に提出され、受け入れられた場合、口頭またはポスター発表の対象となる第59回ASH年次総会で、2017年12月9日〜12日に開催される。
7月引受け物件

2017年7月21日、当社は、引き受け割引および手数料ならびに引受人の全面的オプションを完全に行使することを含むその他の見積支出費用を控除した後、約13.8百万ドルの純収益をもって引受け商品の引渡を発表した。当社は、(i)当社普通株式1株と普通株式1株を購入するための授権株式35万4000株のクラスAユニット、および(ⅱ)それぞれが8,872個のクラスBユニットを発行し、当社のシリーズA転換優先株式の1株を当初転換価格で普通株式500株に転換すること、および転換価額で割った1,000株相当の普通株式を購入するためのワラントを取得すること。公募価格は、クラスA単位で2.00ドル、クラスB単位で1,000ドルでした。

買収の完了後、株式を普通株式3,806,500株に転換するために選択されたシリーズA優先株式の発行済株式8,872株のうち、7,613株(86%)の株式を保有しています。このような転換に伴い、2017年8月8日現在、普通株式11,400,447株およびシリーズA優先株式1,259(14%)の発行済株式が残っています。