IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

The European Medicines Agency (EMA) has greenlighted a new formulation for the COVID-19 vaccine developed by Pfizer (NYSE:PFE) and BioNTech (NASDAQ:BNTX) to be rolled out from early 2022.
Available in a 10-vial (60 dose) pack size, the new formulation does not require dilution before its use, the EMA said in a statement, adding that it can be stored at 2-8°C for up to 10 weeks, unlike the one-month duration for the current concentrated formulation.
Meanwhile, EMA’s human medicines committee (CHMP) has also approved two additional manufacturing sites for the vaccine.
Located in Italy, the plants will have a capacity to produce up to 85M more doses to supply the region in 2021.
Read: Pfizer (PFE) is expected to generate ~$55B in COVID-19 vaccine sales next year, the Financial Times reported on Monday, citing data from Airfinity.

欧州医薬品庁(EMA)は、ファイザー社(NYSE:PFE)とバイオンテック社(NASDAQ:BNTX)が開発したCOVID-19ワクチンの新剤形を承認し、2022年初頭から展開することを決定しました。
EMAの声明によると、新製剤は10バイアル(60回分)のパックサイズで、使用前に希釈する必要がなく、現行の濃縮製剤の1ヶ月間の保存期間とは異なり、2~8℃で最大10週間の保存が可能であるという。
一方、EMAのヒト医薬品委員会(CHMP)は、本ワクチンの製造拠点を2カ所追加承認しました。
イタリアにあるこれらの工場は、2021年に地域に供給するために、最大で8,500万回分の追加生産能力を持つことになります。
続きを読む ファイザー(PFE)は来年、COVID-19ワクチンの売上で〜$55Bを見込んでいると、Financial TimesがAirfinityのデータを引用して月曜日に報じました。