IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 アマゾンやアップルなどは、誰もが知っていて、業績も素晴らしくコロナの中でも強い、というイメージこそが株価的な弱さだと思う。

 4月以降、2000ドルを一気に突破し、あっという間に3000ドルに到達した。そのあたりですでに出がらし状態なのだが、まだまだ3500や4000まで駆け上がっていくだろうという、期待とか願望があったように思える。
根拠がないとは言わないが、それはみんなが知っているわけだから、買い材料にはならない。

 ディーリング的な売買感覚のある人なら、3000を割ったときに買いを入れていくということで短期的利益も得られたかもしれない。

 ただ、客観的にはまあ3200ドルを超えて買いを入れてはダメだろうね。大きくは下がらないだろうけど、その長期投資はかなり長い戦いになるんじゃないかな。long and winding road だと思う。