ここから本文です

>>401

そういうことを申し上げているのではありません。論点のすり替えです。
その頃は合計特殊出生率が高くて、老人が少なくて医療、介護の負担も軽い、若い社会だったので、乗り越えられたのです。
今や、団塊ジュニアの女性が年取って出産適齢期を過ぎ、合計特殊出生率が、1.4から1.2に向かって下がっていく中で、人口減少、若年層、労働人口の減少が続く予定であり、65歳以上の高齢者が人口の半分を超え、財政の負担となる、我々財政を食い荒らす白蟻高齢者によるシルバー専制主義の中で、日本国の国力は落ち、未来は終活に向かうのです。
この中の巨大地震、とても見込みはありません。