ここから本文です

世界的な人口増加による需要の拡大と継続、ビジネスモデルの優秀さ、安価な価格のレストランなので不況にも強い。ディフェンシング銘柄として優秀なので、買われている。半導体やハイテクは貿易戦争で不透明ななか、中国など、他の大国にマクドナルドに匹敵するハンバーガーチェーンはなく、グローバル競争においての優位性は高い。
そして配当も出る。日本の銀行もこういった銘柄で運用すれば、住宅ローンで貸し出すよりいいのではないか。