IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>187

全個体電池を否定するわけではないんですが、電力供給側のインフラ整備もあるので、全個体電池の開発に成功しても急速に広める事は出来無さそうだなと感じてます。

ピーク時を見越しての発電所増設や電力網整備、チャージャーの交換が必要で、最初は1部のチャージャーでしか急速充電はできないだろうなと。

それだったら、バッテリースワップ方式の全個体電池にして、おっしゃられてる様に夜間や再生可能エネルギーの出力調整にも使える体制を整えた方が、スマートな気もしたり。

CATLが2030年まで商品化しないと言ってるので、少なくともあと10年は安心???

その頃にはリチウムイオン電池のコストと性能も大幅に改善されてそう。