ここから本文です

>>1715


>地球温暖化対策での電気自動車の寄与度は極少なのが現実で、今後も改善はしない。フランスのマクロンの挫折は、EVシフトへの道が遠いことを改めて思い知らされた。そしてトランプにパリ協定離脱が正しいことを再認識させてしまった。EVの最大の欠点は、地球の大多数の低所得者層に受け入れられない高コストで不便な代物であるということ。パリの暴動は、EVにとって大きなマイナスへの転換点となった。

相変わらず情報ソースが甘い。
欧州の本丸はフランスじゃなくてドイツ。
ドイツは車産業がEVといったら国策でEVしかない。
電池は価格が下がっていき低所得層は中国メーカーや小型EVを購入する。
そもそもガソリン高過ぎる。
EV乗ればわかる。