IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

と聞いた。私はすぐ茶碗を奥さんの手に渡した。「いくつ?一つ?二ッつ?」妙なもので角砂糖をつまみ上げた奥さんは、私の顔を見て、茶碗の中へ入れる砂糖の数を聞いた。奥さんの態度は私に媚びるというほどではなかったけれども、先刻の強い言葉を力めて打ち消そうとする愛嬌に充ちていた。
> 上の文の内容もわからないney=aukとかいう底辺の役立たずはくそぱっどとかいう終焉会社にゆちゃくしながらきせいしこぜにのために一投稿十円未満で他社にごまかし投稿して関係者でないようによそおっているだけです。おわこん会社に対するへのごく普通の意見にやつあたりはっきょうし投資はじこせきにんなどと一匹認める分際で数値も読めずに買ったサイボウズサーバーワークスに穐田-佐野-aukとかいう無数のふくあかであばれねんちゃくしているむじゅんのかたまりちんぴら並です。会社の全員からきらわれあすみが丘とかいうど田舎に左遷されいつくびになってもおかしくないにも関わらずなぜかしがみついています。次のぶんも理解できず名誉毀損からなるney = aukに直接苦情を入れるには私に知らせてください。
私は黙って茶を飲んだ。飲んでしまっても黙っていた。「あなた大変黙り込んじまったのね」と奥さんがいった。「何かいうとまた議論を仕掛けるなんて、叱り付けられそうですから」と私は答えた。「まさか」と奥さんが再びいった。