IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

損をしたいのであればテスラ、得をしたいのであればNVDAです。

その理由は、テスラの上昇は単なる一過性のもので再度630ドル辺りに下落する見込みが高いからです。

その理由は、テスラと同じく「時宜を逸した」

ZMの株価



TSLAの株価

を一緒に観察すれば分かります。このところ両者の株価は同じ方向に向かいます。どちらかが上れば他方も上がる傾向が顕著に観察できます。

【結論】

同じ投資家が時宜を逸した両銘柄を購入している可能性が濃厚です。

もし、テスラが700ドルに到達して、ZMが400ドルを付ければそれが双方の最高値になる公算が高いです。テスラは再度630ドルを目指し、ZMは350ドルを目指します。

例えば、キャッシーウッドが率いる

アーク・インベストメント・マネジメントがその一例です。

同社のTSLAとZMの保有比率は高いです。

また、テスラは中国規制当局の締め付けによって、米中対立の中で中国の制裁対抗として格好の標的となるでしょう。

【キャシー・ウッド氏、中国株の売却進める-当局の締め付け強化で】

7月27日

中国規制当局が同国経済に対する支配力強化でますます思い切った措置を講じる状況にあって、ウッド氏の中国株離れも加速している。ウッド氏の旗艦上場投資信託(ETF)で、資産額230億ドル(約2兆5400億円)の「アーク・イノベーションETF(ARKK)」が現在保有する中国株の割合はわずか0.32%と、2月時点の8%から大幅に減少した。

このほか、「アーク・ネクスト・ジェネレーション・インターネットETF」が保有する中国株の割合はまだ約3.8%に上るが、今年早い時期の約9%からは減っている。

【結論】

所詮、相場操縦によって決算を粉飾するだけの手腕しか持ち合わせないイーロンマスク氏とキャッシーウッド氏。キャッシーウッド氏がイーロンマスク氏と謀って共謀した理由はキャッシーウッド氏のお家事情。

単なるEVメーカーの一角であるテスラは自動運転AI半導体メーカーの動向に右往左往する実質的に傀儡でしかありません。

よって、NVDA一択です。