IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

燃費の良いガソリン車を作り続けたい幹部
トヨタの幹部は、純粋な電気自動車の移行に反対

21年07月22日 TESLARATI シモン・アルバレス

トヨタのチーフサイエンティストで、トヨタ・リサーチのCEOであるギルプラットは、最近、気候危機と運輸部門の炭素排出量を削減する必要性についての考えを共有しました。

プラットは、読者に科学に従い、気候変動と戦うための多様なアプローチのほうが、彼の所有するモデルXのような、純粋な電気自動車への移行するよりも好ましいことを認めるよう促しました。


彼は、また、300マイルのモデルXが大好きですが、その航続距離が、通常十分に活用されていないため、彼の車の大型バッテリーは、日常的にかなり無駄になっていると述べました。

プラットは、ハイブリッド車やPHEVを含む、より「適切なサイズの」電動車両にバッテリーを配布した方が効率的であると主張しました。