ここから本文です
テスラ - 株価チャート

257.89

+0.9(+0.36%)
  • 前日終値
    256.96(10/14)
  • 始値
    257.70(22:30)
  • 高値
    260.00(01:24)
  • 安値
    254.12(22:36)
  • 強く買いたい
  • 様子見
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。
  • 殺人オートパイロット もうすぐアップグレード だが心配 頑張れ~~

    CES2019会場でロボットを轢き殺した?

    Jan. 10, 2019 Business Insider

    ラスベガスで開催中の家電見本市「CES 2019」でのアクシデント。会場内へと運搬中の展示用ロボットを、自動運転モード中の「モデルS」が“轢き殺した”という。

    英デイリーメールによると、ロボットは自律走行して展示ブースへ向かっていたが、道を外れて駐車場に入り込んだところ、走行中のテスラに衝突され、修理不可能とみられる状態に陥ったそうだ。同記事は、「テスラを自動運転モードにして動き出したら、うわ、ロボットが路上にいるじゃないか!」という運転手の声を掲載している。

    しかし、アメリカの新エネルギー車専門メディア・エレクトレックは、この報道を「明らかにフェイクニュース」と批判。テスラの搭載するオートパイロットシステムはいわゆる自動運転ではなく、あくまで運転手をサポートするための機能であることを解説した上で、高速道路や基幹道路での使用を目的としたもので、そもそも駐車場で使えるわけがないと指摘している。

    SNSでは、このアクシデントはロボットを開発するロシア・プロモボット社のPR戦略の一環で、メディアがまんまとノセられただけではないかとの声もあがっている。動画を見ると、ロボットの登場する位置はきわめて不自然だし、駐車場でオートパイロットシステムを使う運転手などいるのか、確かに疑うべきところが多い。

  • テスラの電池貯蔵を購入したPG&Eも順調に上がっていますこれは長期投資です。
    あなたも買ってみては?

  • こんな試乗レポートに負けるな~~頑張れ~~

    テスラモデル3の購入に躊躇してしまう事情
    東洋経済 2018/12/26 5:40

    速度上げると気になるロードノイズ

    欠点を挙げるとするなら、エンジン音がせず低速では非常に静かなのだが、速度を上げるとその分ロードノイズが目立つこと。またサスペンションが非常に硬く、とくに後部座席に乗っていると路面の凸凹をかなり感じる。ドライバーシートではそれほど気にならないのだが、後部に乗っての長時間ドライブはややきついかもしれない。

    しかし全体のインプレッションとしては、期待を上回る内容だった。いちばん下のクラスでも支払額が5万ドル(約550万円)を超える、というのはガソリン車なら同程度のオプションをつけたメルセデス・ベンツCクラスとほぼ同額になるのだから、当然と言えばそうなのだがコンパクトカーとしてはやはりやや高い、という印象を受ける。

    価格を見ると、リアホイールクラスはベース価格が4万6000ドル(約510万円)。ボディカラーは黒とメタリックブルーは上乗せなしだが、シルバーが1500ドル(約17万円)、ホワイトが2000ドル(約22万円)、レッドが2500ドル(約27万円)それぞれ加算される。

    またホイールもスタンダードは18インチだが19インチにアップグレードすると1500ドル(約17万円)。インテリアはスタンダードがブラック、ホワイトだと1000ドル(約11万円)の追加。そしてテスラ自慢のオートパイロットシステムを追加するのに5000ドル(約55万円)。

    もしすべてのオプションを選んだ場合、価格は5万6000ドル(約621万円)となる。テスラではHP上でこの車の価格を3万1700ドル(約351万円)と表記しているが、これは税金などのインセンティブおよびガソリン代の節約分などを見込んだ概算の数字だ。

    もし2018年中に購入した場合、米連邦政府とカリフォルニア州の税金優遇措置により1万ドル(約111万円)の値引きとなるが、2019年以降はこの値引きはおよそ半減する。そしてテストドライブ当日(12月8日)の時点ですでに今年中のデリバリーは不可能、1月以降となるためフルの税制優遇は受けられない。またテスラのスーパーチャージステーションの利用は、紹介クレジットを使えば最初の半年間に限り無料となるがそれ以降は有料だ。

  • あっちょっと焦った(なんでわかったドキドキ)wwwwwwwwww草生える

    まあそれはそれでテスラに世界最大のノルウェー政府ファンドが降臨する日も近づいているのでありますぅ。

    ノルウェー:政府系ファンドに再生可能インフラへの投資認める
    Mikael Holter、Sveinung Sleire
    2019年4月5日 21:01 JST
    ノルウェー政府は、政府系ファンド (SWF)である政府年金基金グローバル(運用資産1兆ドル=約111兆7200億円)が再生可能エネルギーインフラに投資することを認める。ポートフォリオに新たな資産クラスが加わるのは10年ぶりだ。

      基金自身が数年間にわたってロビー活動を続けただけでなく、同基金による環境投資に前向きな複数の政党や環境活動家の圧力もあり、政府の承認にこぎ着けた。ノルウェーの保守党政権はこれまで、同基金の投資先としてプライベートエクイティー(PE、未公開株)も未上場インフラ資産も認めていなかった。

      イェンセン財務相は5日付の声明で、「政府は政府年金基金グローバルに対し、未上場の再生可能エネルギーインフラへの投資を認める」とした上で、「そのような投資は、収益性と透明性に関し基金による他の資産への投資と同じ要件を満たす必要がある」と説明した。

  • まぁ~… 世間にはいろんな奴がいる 「イーロン」な奴もね

    だが… これだけはハッキリ断言できる

    草(w)を一杯生やす奴にマトモな奴はいねェ…ってね

  • ベストカーでも取り上げられてる  ガソリンエンジン車に負けないように頑張れ~~~

    これで決着!!??】EV、ディーゼル、ガソリン 本当にエコなのはどれだ!!!
    3/30(土) 9:04配信  ベストカー

    電気自動車、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車……、いったいどれが一番エコなのでしょうか? 

    マツダと工学院大学が、製造時から使用、廃棄段階までのライフサイクルアセスメント(LCA)を通して、CO2排出量を算出し、どのパワーユニットが一番エコなのかを発表!

    やはり一番エコなのは電気自動車なのか? はたまたディーゼルエンジン車なのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説します。

    ■燃費がよければエコ? CO2排出量で判断するLCAとは

    エンジンによって走るクルマは、燃料を燃やして排気ガスを出す。そのため大量のCO2を排出しているという印象がある。

    しかし最近のエコカーは、ガソリン車でも1km走行あたりのCO2排出量は100gを切ろうというレベルにある。 

    電気自動車が走行中にCO2を排出しないからといっても、電力を生み出す際に火力発電所が石油や天然ガスを燃やしていればCO2フリーではないことは、かなり知られている。 

    とはいっても火力発電所の発電効率はかなり高められていて、最新の天然ガス火力では61%もの熱効率を実現している。正直言って、ややこし過ぎて考えるのが面倒くさくなりそうになることもあるほど、この問題は複雑なのだ。 

    しかも、それ以前にクルマを製造する際にもCO2は発生する。鋼板をプレスしたり溶接する際には電力を使うし、ラインでクルマを運ぶ、パワーユニットを組み上げる際にも電動ウインチを使って持ち上げたり、電動レンチで素早くネジを締め付けたりする。 

    もっと言えば鋼材を製錬する時点で電力を大量に消費することになるし、内外装に用いる樹脂だって製造時には電力を使う。 

    さらにクルマは製造時や使用時だけでなく、乗り潰して廃棄する際にもリサイクルでエネルギーを消費する、つまりCO2を排出するのだ。 

    こうして工業製品の製造時から使用、廃棄時まですべてを含んで環境負荷を考えるのをLCA(ライフサイクルアセスメント)という。 

    ■トータルではガソリンエンジン車の勝利

    日本市場でのLCAにおけるCO2排出量の評価は、約11.5万kmまではバッテリーの生産時CO2が多いBEVのほうが、ディーゼルやガソリン車よりも排出量が多く、そこからは電費のよさでBEVが逆転するが、16万kmでリチウムイオンバッテリーを交換するため、再度逆転してエンジン車のほうが排出量が少なくなるのだ。 

    20万kmまでの走行ではBEVが逆転することはできないから、エンジン車のほうがエコという結果になった。 

    現時点ではガソリン車のほうが、トータルではエコだと言える。


  • アップルが、テスラの買収額は1株520ドル、総額で900億ドル(約10兆2000億円)となると予想






    アップルが2019年、テスラを買収するとすれば、買収額はいくらになるだろう? デンマークの投資銀行サクソバンクがこのほど、その答えを出した。

    これは、同社が発表した「2019年のとんでもない予想(Outrageous Predictions 2019)」10選の2番目に挙げられたものだ。同社はこれらの予想を「可能性は低いが過小評価されている出来事で、実現すれば金融市場に衝撃を与える」ものと説明している。

    サクソバンクは、テスラの買収額は1株520ドル、総額で900億ドル(約10兆2000億円)となると予想。これは、テスラの現在の時価総額640億ドルの1.4倍で、8月に同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がテスラ株の非公開化を考えているとツイートした際の株価を100ドル上回るものだ。

    サクソバンクいわく、自動車のデジタル化が進んでいることから、アップルはユーザーの生活にさらに深く入り込むための「次のフロンティアは自動車だ」と考えるだろうとのこと。

    サクソバンクはまた、アップルの共同創業者である故スティーブ・ジョブズが「ひとりよがりになったり的はずれな存在になったりすることを避けるため、大きく大胆な賭けに出る」ことを好んでいたと指摘し、「テスラはより大きな財力を必要としており、アップルは現在提供しているアップルカープレイよりも深い方法で自社エコシステムを自動車分野に拡大することが必要だ」と説明した。

  • 世界が電気自動車が主流になっても
    お前ら電気自動車アンチマニアどもは
    あれーなんでだろーとか言ってそうだなwwwwwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • みんなから相手にしてもらえるように頑張れ~~~

    テスラは自動車業界に影響を与えている? 大きな誤解だ。
    Jan. 21, 2019, Business Insider Japan

    ● テスラはずっと、伝統的な自動車業界に影響を与えていると考えられてきた。
    ● テスラはある種の影響を及ぼしてきた。だがそれは業界の大きな動きの中では、比較的小さなこと。
    ● 自動車メーカーのエグゼクティブは、さまざまな問題に忙しく取り組んでおり、テスラに頭を悩ませる暇などない ── もし、テスラが本当に影響力を発揮してきたなら、既存の自動車メーカーは即座に大量のEVを作り、販売するだろう。

    もしあなたがテスラと、テスラのニュース、噂、憶測、そしてツイッターでの発言にまつわる絶え間ない騒ぎを追っているなら、昨年、25万台をようやく販売できた、比較的小さな生まれたばかりのカリフォルニアの会社を自動車業界すべてが必死になって追いかけているように思うかもしれない。

    これはまさにテスラの「現実歪曲空間」。とはいえ、CEOイーロン・マスク氏だけのせいではない。テスラ・ファンは集団として、ドラマチックなほどに大げさだ。

    私はデトロイトモーターショーに行ってきた。現地で自動車メーカーの多くのエグゼクティブと話をしたが、「テスラ」の名前は一度も出てこなかった。テスラはデトロイトモーターショーに出展していない。これまでもモーターショーに出展したことはない。なぜか?

    テスラは3車種しか販売していない。ショーに展示できる車種の約半数 ── 新しいロードスター、トラック、ピックアップはまだ生産前、もしくはコンセプト段階だ。

    テスラのことを心配している暇などない

    全体的に見て、自動車業界はテスラのことを心配しなくても、うまくやっているし、取り組むべき大きな問題が数多くある。

    アメリカの自動車販売台数は2018年、再び、記録的なレベルとなった。ユーザーに最も人気の車 ── SUVとピックアップトラックはまた、最も利益率の良い車でもある。

    だがGMは事業の積極的な拡大に務め、採算の悪い工場を閉鎖し、自動運転車とEVへの投資を拡大している。フォードは思い切ったリストラクチャリングを進め、フィアット・クライスラー・オートモービルズは昨年、CEOのセルジオ・マルキオンネ氏が突然死去したことを受け、新たな指導体制の構築に取り組んでいる。そして日産の元会長、カルロス・ゴーン氏は東京拘置所に勾留されたまま。

    テスラの影響についての過大な予測は、実際、自動車業界にとって、まだ深刻な痛みにはなっていない。だが、その誇張された影響力はより大きくなり、ある時点では深刻なものになる可能性がある。

    真実は、テスラは自動車業界が必要としたり、真似したくなるようなことはほとんど行っていないということ。

    現時点では、テスラが及ぼしたと思われる大きな変化は、GMとフォードが販売データを月次ではなく、四半期ごとに発表するようになったこと。本質的に会計の問題だ。

  • 電気自動車アンチマニアは、自分のことを理解してないバカが多くてまるで小学生を相手にしているようです。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 幹部の流出が止まらないように頑張れ~~~

    今度はCFOが! 幹部の流出が止まらないテスラ…… リストで見る、主要人物の辞任とその転職先

    Jan. 31, 2019 Business Insider Japan

    テスラでは2018年、幹部の辞職が相次いだ。

    生産の遅れ、連邦政府による捜査、CEOであるイーロン・マスク氏の意思決定に対する疑問に直面する中、同社にとって相次ぐ上級社員の退職は、もう1つの大きな課題となった。

    そして人材の流出は、2019年に入っても止まらない。

    テスラは1月30日(現地時間)、同社の最高財務責任者(CFO)を務めるディーパック・アフジャ(Deepak Ahuja)氏が、今後数カ月以内に同社を去ると発表した。アフジャ氏は2015年に一度テスラを離れ、2017年に戻っていた。

    アフジャ氏の後任には、テスラのファイナンス担当のバイス・プレジデント、ザック・カークホーン(Zach Kirkhorn)氏が就く。カークホーン氏はテスラで9年間働いてきた。

    2018年以降、現在までにテスラを離れたもしくは離れると発表した重要人物は、以下のとおり(転職先は本人のリンクトインのページもしくは会社の発表による)。

    1月 —— 製造エンジニアリング・ディレクター、ジェイソン・メンデス(Jason Mendez)氏:リンクトイン・ページで次の仕事についての言及なし
    1月 —— 設備エンジニアリング・マネジャー、ウィル・マコール(Will McColl)氏:WaveForm Designを創業
    2月 —— グローバル・セールス&サービス担当プレジデント、ジョン・マクニール(Jon McNeill)氏:リフト(Lyft)のCOOに就任
    3月 —— 最高会計責任者(CAO)、エリック・ブランデリッツ(Eric Branderiz)氏:エンフェーズ・エナジー(Enphase Energy)のCFOに就任
    3月 —— 財務担当副社長、スーザン・レポ(Susan Repo)氏:トピア(Topia)のCFOに就任(同氏のリンクトイン・ページによると、トピアを6月に去っている)
    4月 —— オートパイロット・ハードウエア・エンジニアリング責任者、ジム・ケラー(Jim Keller)氏:インテル(Interl)のシリコン・エンジニアリング責任者に就任
    4月 —— 西ヨーロッパ・オペレーション・ディレクター、ジョージ・エル(Georg Ell)氏:スムースウォール(Smoothwall)のCEOに就任
    5月 —— フィールド・パフォーマンス・エンジニアリング・ディレクター、マシュー・シュウォール(Matthew Schwall)氏:ウェイモ(Waymo)のフィールド・セーフティーの責任者に就任
    7月 —— リテール・デリバリー・マーケティング担当のバイス・プレジデント、ガネシュ・スリバツ(Ganesh Srivats)氏:Moda OperandiのCEOに就任
    9月 —— コミュニケーション担当のバイス・プレジデント、サラ・オブライエン(Sarah O'Brien)氏:リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    9月 —— チーフ・ピープル・オフィサー、ガブリエル・トレダノ氏(Gabrielle Toledano):リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    9月 —— CAO、デイブ・モートン(Dave Morton)氏:アナプラン(Anaplan)のCFOに就任
    9月 —— グローバル・サプライ・マネジメント担当のバイス・プレジデント、リアム・オコナー(Liam O'Connor)氏:リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    9月 —— プロダクション・アンド・クオリティーのシニア・ディレクター、アントワン・アボ・ヘイダー(Antoin Abou-Haydar)氏:バイトン(Byton)のグローバル・クオリティー担当のバイス・プレジデントに就任
    10月 —— ワールドワイド・ファイナス・アンド・オペレーション担当のバイス・プレジデント、ジャスティン・マカニアー(Justin McAnear)氏:10X GenomicsのCFOに就任
    11月 —— 法務部のバイス・プレジデント、フィル・ローゼンバーグ(Phil Rothenberg)氏:Sonderの法務顧問に就任
    11月 —— グローバル・セキュリティーの責任者、ジェフ・ジョーンズ(Jeff Jones)氏:リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    11月 —— グローバル・セールス・マーケティング・アンド・デリバリーのシニア・ディレクター、ダン・キム(Dan Kim)氏:エアビーアンドビー(Airbnb)のAirbnb Plusのディレクターに就任
    12月 —— インベスター・リレーションズのディレクター、アーロン・チュー(Aaron Chew)氏:リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    2019年1月 —— 法務顧問、トッド・マローン(Todd Maron)氏:リンクトイン・ページに次の仕事についての言及なし
    2019年1月 —— エンジニアリングのシニア・ディレクター、チャールズ・ムウェンジ(Charles Mwangi)氏:リンクトイン・ページには具体的な名前はないものの、スタートアップで働いていると書かれている
    2019年1月 —— テスラは、CFOのディーパック・アフジャ(Deepak Ahuja)氏が同社を去ると発表

  • 電気自動車アンチバカ 続く主張wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    主張3:「電力網は何百万もの電気自動車を扱うことができません!」
    何百万もの電気自動車が一斉にオンラインになり始めると、今日存在しているような電気グリッドは対応することができないでしょう、と多くの解説者は言います。 変圧器は爆破し、ワイヤーは窮屈になり、都市は暗くなり、そして死んだ連続殺人犯の霊によって所有されている子供の人形は命を吹き込み、殺人の大暴れを始めるでしょう。 まだできるうちに電気自動車を止めるべきです!
    しかし経験的な計算によれば、 たとえ道路上の全自動車の4分の1が電気であったとしても、米国の電力網はそれほど混乱することなくサービスを維持することができました。
    そしてそれ以上? まあ、それは経済的な機会です。
    道路上のすべての自動車が電気である将来に備えて、米国や中国などの国々は電気インフラに投資する予定です。 それは、新しい変圧器を建設し、アップグレードされた配線を設置すること、そして再生可能エネルギーを蓄えるカーバッテリーからそれにフィードバックされる電力を容易に受け入れることができるようにグリッドを近代化することを意味します。
    グリッドは、センサーやソフトウェアを介してスマートになるにつれて、さまざまな時間に充放電する電気自動車をサポートし、昼夜を問わず電気の使用を安定させることができます。 これは、発電要件を一定かつ予測可能にするので、公益事業にとっては良いことです。 ユーザー、製造元、政府機関など、誰かが余分な需要を支払うことになるので、電力会社はこれまで存在しなかった多くの収益を期待できます。 まとめると、これはよりスマートで、より安定したグリッド、より多くの仕事、そして最小限のシリアルキラー人形を意味します。
    自動車および石油産業は何十年もの間私達に電気自動車が働かないことを伝えてきました。 彼らは高すぎる! 彼らは範囲が足りない! 十分な充電ステーションがありません。 消費者はそれらを望んでいません!
    技術の進歩がこれらの言い訳を間違って証明し続けているので、電気を使わないという主張はばかげています。 彼らに落ちないでください。
    ===

  • そのような払い戻しがあっても、我々は平等な競争相手からは程遠い。 ガソリン車に燃料を供給しているオイルは、歴史上最も補助された分子かもしれません。 米国政府だけでも、過去1世紀にわたって石油ガス産業に4,700億ドル以上の減税を与えてきました。 オバマ政権による2015年の調査によると、または年間46億ドル。 ネイチャー誌に掲載された最近の研究によると、米国の石油生産の約45%は、連邦政府や州の補助金の支援なしには不採算となるでしょう。
    あなたがゴミの収集に関連するコストを回避することが許可されていることで石油業界の人々のための利点を考慮すればしかしそれはすべてピーナッツです。
    過去数百年間、化石燃料会社は炭素を大気中に無料で送り込むことを許可されてきました。 2015年に、国際通貨基金(ツリーハグタイプとは呼ばれていません) が数学を行い、あなたが完全に二酸化炭素排出によって引き起こされる環境被害を説明すると、化石燃料産業は5兆ドルの効果的な補助金を享受している一年。
    5兆ドルの補助金は、電気自動車の売り上げを加速させるのに非常に大きな効果があります。

  • 電気自動車アンチバカの主張wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    主張2:「電気自動車への補助金は、基本的に貧困層から富裕層への富の移転に相当します。 とにかく、政府はそのスケールに親指を立てるべきではありません。 市場が決めるべきだ!」
    温室効果ガスの排出量を削減することが目標であり(気候変動に関して何かをするべきだと考えるのであれば、悪いことではありません)、市場ベースのソリューションをサポートするのであれば、電気自動車への補助金はおそらくかなり良い考えです。 アメリカの民主党と共和党の政府は何十年にもわたってクリーンエネルギー補助金に合意しています。 米国では、電気自動車を購入する人の中には、最高7,500ドルまでの連邦からの払い戻しから恩恵を受ける人もいます。 しかし、これは、たとえば、76,000ドルのTesla Model S(金持ちの人)または36,620ドルのChevy Bolt(あまり金持ちの人ではない)を購入している場合は、3,250ドルに減少しました。
    Tesla Model SとChevy Boltはどちらも良い車で、ガソリンではなく電気を動力源としているので走るのにほとんど費用がかからず、それでも払い戻しがなくても売れ行きはいいでしょう。 しかし、あなたがそのような電気自動車が米国でまだガス混乱させるピックアップトラックによって15対1で売られていると考えるとき、この種のリベートは我々がすることができなかったように思われる。

  • 電気自動車アンチバカの主張qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq

    主張1:「電気自動車は、電池製造の環境コストのため、実際にはガソリン車より汚れています。 そして、それらは石炭ベースの電力でまかなわれています。」
    電気自動車についての話についてのコメントを読むと、電気自動車は電気を引くグリッドと同じくらいきれいだと主張する人がすぐに見つかるでしょう。 電池の製造コストも考慮に入れると、これらの評論家は主張する、ガソリン車は実際に地球にとってより良いということになる。 したがって、私たち全員がただガソリン車を運転するべきです。
    総炭素排出量を説明する研究 - 「井戸から輪へ」 電気自動車とガソリン自動車の両方の生産から運転まで、最も汚れた石炭火力発電所から発電された電気を動力とする電気自動車は、最も効率的なガソリン自動車よりも環境に優しいことを示しています。 はい、電池製造には環境コストがかかります。 しかし、石油を抽出するための環境コストもあります。
    たとえば、 懸念のある科学者連合による調査によると、平均的な電気自動車の燃費はガロンあたり80マイルに達するのと同じです。 ブリュッセルにあるVUB大学による別の調査によると、最も汚れた電気自動車でさえ、ディーゼル自動車よりも寿命が長いということです。
    電気自動車はガソリン車と同じくらい汚れているという主張は日々真実ではなくなっています。 石炭発電の電力を計算式から外すと、電気自動車のライフサイクル全体の二酸化炭素排出量は、他のガソリン車よりはるかに優れています。 電気輸送の受動的な利益は、石炭が資源として減少していることに起因しています - それは私たちがそれを使い果たしているからではなく、私たちがそれほど多くそれを使っていないからです。 10年前、石炭は米国の電力網のエネルギー源の50%を占めていました。 今日、それは30パーセント未満です。 石炭は減少し続けているが、風力や太陽のような再生可能資源は増加している。 あなたが日産リーフを所有しているのであれば、それはあなたがものをする必要なしに毎日それがきれいになる。 ガソリン車はこの美徳を持っていません。

  • バフェットじいさんがこんなこと言ってのか  無視して頑張れ~~~

    アップルにとって、テスラ買収は「非常にお粗末なアイデア」 —— ウォーレン・バフェット氏が指摘
    Aug. 31, 2018,Business Insider Japan

    ウォーレン・バフェット氏は、アップルにとってテスラ買収は賢い選択とは言えないと考えている。

    市場には、アップルはテスラを買収すべきとの声もある。

    しかし、30日にFox Business Networkのインタビューに応じたバフェット氏は、アップルにとってテスラの買収は「非常にお粗末なアイデア」だろうと語った。同氏は、自動車業界で長期的な競争優位性を確立するのは、スピードやスケール、ネットワーク効果を生かして競合他社に対するリードを維持できるテック業界以上に難しいと指摘した。

    「自動車業界では、今年うまくいっても、来年はうまくいかないかもしれない」

    バフェット氏は語った。

    同氏はまた、テスラのCEOイーロン・マスク氏が同社の非公開化をめぐり、「資金は確保した」とツイートした問題にも触れた。このツイートが米証券取引委員会(SEC)の調査につながったと伝えられていて、ツイート後の一連の報道は、マスク氏のこの発言に疑問を投げかけるものだ(マスク氏は24日、テスラの非公開化を断念したと明らかにしたが、非公開化するのに「必要とする以上の資金」はあったと信じていたとも述べた)。

    バフェット氏は、非公開化のための資金調達について、何ら確定していなかったにもかかわらず、「資金は確保した」と述べたのはどういう意味だったのか、マスク氏は早急に明らかにすべきだと語った。

    「失言はすぐに訂正しなくてはならない」

    バフェット氏は述べた。

  • 寝ている場合じゃないぞ~~ 不眠不休で頑張れ~~~

    いつもテーブルやデスクの下で寝ている ── 従業員が語るイーロン・マスクの仕事ぶり
    Sep. 14, 2018 Business Insider Japan

    テスラのCEOイーロン・マスクは、ほとんど寝ない“超人”として、同社の従業員に知られている。

    テスラは資金を使い続けるスタートアップではなく、需要に早急に対応し、高収益な一流自動車メーカーに成長しようとしており、工場は24時間、土日も休まず稼働し、自分たちは8〜12時間のシフトで朝から夜まで働いていると従業員たちは我々に語った。

    そして従業員たちは、彼らのリーダーが自分たちのそばで、夜明け前から夜遅くまでコツコツ働き、どこだろうと、いつだろうと、会社にいると語った。

    マスクは、社内の片隅に潜り込んで、わずかな睡眠を取るまで働き続けていると従業員たちは語った。マスクは今年はテスラの件で疲れ果てており、時々、睡眠導入薬アンビエンを使っていることを最近、認めた。

    またポッドキャスト番組の収録中に司会者の勧めで合法大麻をふかす姿が報じられ、経営者としての資質を疑問視する声も出た。

    この件に先立ち、Business Insiderはテスラ従業員42人に、何かと物議を呼ぶ同社で働くことについて聞いた。するとCEOが工場の床、机の下、会議室など、社内のどこででも寝ているいう話が次から次へと出てきた。

    例えば、製造技術のリーダー、ミゲール・カレラは次のように我々に語った。

    「彼はいつも会社にいる。誰もが、彼が机の下で寝ている姿を見たことがある。突然、皆が部屋から出ていくから、見てみると、誰かが机の下に丸まっている。イーロンだ」

    フリーモントにある工場のプロダクション・アソシエイト、ジミー・グアジャルドは、マスクはいつも床で寝ているわけではないと語った。

    だが、工場のオフィス区画では、警備員が立つ場所の近くのテーブルの下で、枕と毛布で寝ている姿を時々、発見されている。

    特に「探しものをしていない限り」は、従業員たちはCEOに気づかずに彼が寝ているすぐ近くを歩いているとグアジャルドは語った。またCEOは長い時間、床で寝ることは決してないと付け加えた。

    マスクの睡眠習慣を欠点、つまり“マネジメント下手”と捉えて、感心しない人もいた。

    例えば、かつて彼ととともに働き、ビジョナリーと称賛した元バイス・プレジデントも「彼のマネジメントはひどい」と語った。

    「彼の経営手法のせいで、テスラのマネジメント体制は複雑でひどいものになっている」と元マネージャーは語った。

    「そして、マネジメントされていない何かがコントロール不能になり、大きな大きな問題になる。するとイーロンは無関係だが、良くない判断をしたエンジニアを解雇し、問題が解決するまで工場の床やどこででも寝る。これは象徴的な話。だが、根本的な問題のひどいマネジメント体制は実際、修正されていない」

読み込みエラーが発生しました

再読み込み