IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
707

mcd***** 強く買いたい 2017年4月17日 18:41

>>700

自動車評論家が 2週間でテスラを注文 理由は「クルマの常識が破られた」

停止状態から100km/hまでたったの2.7秒で加速

バッテリーとモーターの能力をフルで使う「ルーディクラス」モードを選んで、アクセルを踏むだけで容易にこの加速が手に入る。モーター駆動による変速機のない滑らかな加速と、高度なトルクコントロールがこれを可能に

しかも、変速の必要がないトルクコントロール自在のモーター駆動の特性によって、タイヤもバタつかず、トラクションコントロールさえ介入の兆しを見せない


今回はテスラのそういった特徴を挙げてみよう

ラインナップは4ドアセダンのモデルSと、SUVのモデルX。今年中には新たなプラットフォームを使ったミドルサイズ級のモデル3も加わる

見るべきはテスラワールドと呼びたくなる、走り出す前から始まる世界観。まず鍵を持って近づくだけで、ドアパネルに収納されていたドアノブがせり出し、ノブを引けばドアは開く。モデルXは、鍵を持って近づくと前席ドアが自動で開くので、ドアを開ける動作から解放される


既存のクルマは、ガラケー モデルSは、スマホ

自動運転をはじめとする各種ソフトウェアが、定期的なアップデートによって性能向上や機能拡大していくのだ。これはアプリのダウンロードや、ソフトのアップデートで購入後も進化するスマホに近い

プロセッサーの処理能力やメモリーの容量を変えたければハードの交換が必要になり、スマホを数年おきに買い替える動機もそこにある。しかしテスラはハードの進化もある程度まで見越して、10年先を見据えた機能を搭載しているという。おかげでクルマの目となるカメラだけで、フロントガラスに3個、フロントフェンダー部に左右1個ずつ、前席と後席ドア間のBピラーに左右1個ずつ、リアに1個の合計8個搭載。さらに以前の2倍の距離をセンシングする超音波ソナーを12個搭載して周囲を監視する

頭脳となるCPUも演算処理能力が以前の40倍に高められた

その結果、完全自動運転にまで対応できるというのだ

かくして五味康隆はモデルS 90Dを注文した

白状しよう。今年の年末年始に取材を兼ねて「モデルS 90D」と2週間過ごした。そして、ここには紹介しきれないほど多くのテスラワールドを体感し、常識を覆す型破りなつくりに衝撃を受け、購入を決意

  • 713

    mcd***** 強く買いたい 2017年4月18日 12:36

    >>707

    トラック開発のためにダイムラーから重役を引き抜き?

    ダイムラーは2009年にテスラの株を9%取得
    テスラに技術的サポートを提供していたが、2014年迄に全てのテスラ株を売却

    (このせいで300近辺から200割れ) テスラがリベンジする時がきた?


    テスラ「セミ」と呼ばれる電動大型トラックの開発のためではないか

    テスラは、EVセダン「モデルS」開発のため、
    6年前にもダイムラーのフレートライナー「カスケーディア」で
    ゼネラル・マネージャーを務めていたジェローム・ギーエン氏を引き抜き

    スーパートラックのハイブリッド・エンジンの設定に関わっていたエヴァン・チェノウェス氏も迎え入れている。

    去年、今後10年間の事業計画を発表

    マスクCEOは乗用車に続いてバスやトラックにも参入し「主要分野全てでEVを」


    量産効果を高めて電池のコストを3割以上減らし、自動運転


    久々となる「フルラインメーカー」が誕生

    バスとトラックについては今年、予約を始める


    ピックアップトラック、SUVも開発

    バスは中央の通路をなくし、その部分にも座席をうまく配置することで、小さくても従来並みの人数を乗せられる。ドアの位置や開け方を工夫して奥の座席でも乗り降りできるようにする。

    量産効果や自動化で「2年ごとに生産効率を5~10倍高める」(マスク)


    カリフォルニア州とオランダに工場を持つ。中国でも生産を開始。

    ラインアップを充実させる計画が具体化してきた。

    セミトラックとピックアップトラック、スポーツカーの投入スケジュールについて概要を示した。

    マスクは13日のツイートで、9月にEVのセミトラックを、
    2年以内にピックアップトラックをお披露目

    最初のモデルである「ロードスター」をコンバチブル車として再投入


    「地上輸送の主要形態を網羅」するためのビジョン

    ツイートでセミトラックについて、「チームが素晴らしい仕事をした。真面目に次のレベルだ」とコメント

    アナリストの間では、マスクのツイートがセミトラックの自動運転機能を暗示しているとの見方が浮上

    ロバート・ベアードのアナリスト、ベン・カローは、
    「半自動運転トラックだ」
    「モデル3に全ての関心が集まっているが、重要なのは、テスラで他の多くのプロジェクトも進行していることだ」と指摘 楽しみ