IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

途上国や新興国の経済成長を背景に2050年に世界の人口は、現在76億人から90億人を突破すると予測されています。当然食料の需要も増加しているが、特に増えているのがタンパク質の需要です。新興国では、豊かになった消費者が肉の摂取を増やし、子供により多くの乳製品を与えています。一方の先進国では、豊かになって消費者の健康志向の高まりで、パンやシリアルの炭水化物を減らし肉や卵といった動物性タンパク質を増やす傾向にあります。タンパク質の世界需要は2050年には、現在から倍増すると言われておりこれへの対策が急務となあっています。一方でこうしたタンパク質の需要拡大に対して従来の家畜型の食肉生産では対応できないと言う見方が増えています。こうした中活発化しているのが人造肉への取り組みです。世界的に植物性食品だけを材料とするバーガーや幹細胞から動物組織を培養する研究室育ちの肉まで米国を中心にさまざまなスタートアップ企業が存在します。
2020年にオランダで製造を開始すると発表しました。ヨーロッパ進出は、初めてです。セスゴールドマン会長は、ヨーロッパの消費者で、より良いサービスを提供できる事を楽しみにしていると語った。それ以上に、日本人で有る私は、とても楽しみであり期待しています。頑張ってください。