IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ブルームバーグによると、南アフリカ準備銀行(中央銀行)は、景気支援のため緩和的な金融政策姿勢を維持する余地がある限りそうする公算が大きいと、同中銀のクガニャゴ総裁が述べた。

同総裁は15日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「インフレが抑制されている限り、南ア中銀が現在の金融緩和を解除する理由はないだろう」と語った。
南ア中銀の金融政策委員会(MPC)は2020年初め以降、政策金利を合計3ポイント引き下げて過去最低の3.5%とした。先月の政策会合では、この利下げサイクルが始まって以来初めて政策委員が1人も利下げを支持せず、市場の期待は利上げ開始時期へと移っていた。