IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

NHKニュースによると、イギリスや南アフリカなどで広がったものとは異なるタイプの変異した新型コロナウイルスが、東京医科歯科大学附属病院で感染が確認された患者のうちの3分の1から検出されたことが分かった。
東京医科歯科大学によると、先月末までの2か月間では、抗体の攻撃から逃れる「E484K」と呼ばれる変異があるウイルスが、検査ができた患者36人中、3分の1にあたる12人から検出され、先月だけに限ると14人中の71%にあたる10人から検出されたという。
研究グループは、東京では、関西とは異なるタイプの変異ウイルスが、従来のタイプのウイルスから置き換わりつつあるのではないかとしている。