IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

オーストラリア準備銀行(Reserve Bank of Australia)が、政策金利や金融政策を発表します。

豪州は、高金利という事で、日本のFXユーザーにも注目の発表です。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 76(最新)

    routineWorker 3月2日 12:38

    オーストラリア準備銀行(RBA)声明
    「目標が達成されるまで、非常に支援的な金融条件を維持することに引き続きコミット」
    「実際のインフレ率が目標の2-3%の範囲内に持続的に収まるまでは利上げしない」
    「賃金の伸びを現在よりも大幅に高める必要があり、そのためには雇用が大幅に増加し、引き締まった労働市場に戻ることが必要」
    「利上げの条件が満たされるのは早くても2024年と予想」
    「3年債利回り目標を0.10%で据え置き」
    「長期債利回りは先月から大幅に上昇している」
    「この上昇は、中期的に予想されるインフレ率が中央銀行の目標金利に近づいたことを一部反映」
    「豪ドルは、ここ数年のレンジの上限で推移」
    「世界的な債券利回りの変動は、為替レートを含む他の資産価格の変動と関連」

  • 2021-03-02 12:30
    指標結果
    RBA、政策金利を0.10%で据え置き 予想通り

    ※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

    豪準備銀行(RBA)政策金利発表〔予想 0.10%で据え置き〕 (前回発表値 0.10%で据え置き)

  • 16日09:36 豪準備銀行(RBA)議事要旨
    「大規模な金融政策支援が当面は必要」
    「オフィシャルキャッシュレートは必要なだけ0.10%に据え置きへ」
    「金融刺激策の撤回検討は時期尚早」
    「失業率とインフレ率、早くても24年まで目標に達成しない見込み」
    「賃金とインフレ率の上昇には、労働市場が持続的にタイト化する必要」
    「オフィシャルキャッシュレート、インフレ率が目標レンジ内に持続的に収まるまで引き上げない」
    「債券買い入れ終了は豪ドルに多大な上昇圧力になると認識」

  • 豪中銀、金融政策によるかなりの支援がしばらくの間必要-議事要旨

    ブルームバーグ): オーストラリア準備銀行(中央銀行)は16日、2月の政策決定会合の議事要旨を公表し、インフレと雇用の目標達成まで数年かかるとして、今後しばらくの間は金融政策による「かなり」の支援が必要になるとの認識を示した。同会合では量的緩和(QE)プログラムの延長を決めた。

    議事要旨は「債券購入プログラムは実施しなかった場合と比べ、金利と豪ドル相場の押し下げにつながった。これを考慮すれば、金融刺激策の巻き戻しを検討するのは時期尚早だろう」と指摘した。

    豪中銀は2日の会合で、現行の債券購入プログラムの4月半ばの終了に伴い、1000億豪ドル(約8兆2000億円)相当の国債を追加で買い入れる方針を決定。2024年まで利上げを見込んでいないことも明らかにした。

    議事要旨は、「他の先進国中銀の多くは、少なくとも21年末まで債券購入プログラムを延長すると表明している」として、市場では豪中銀のプログラムも何らかの形で延長されるとの広範な期待があると分析。豪中銀が4月半ばのプログラム終了を容認していれば、豪ドルは上昇した可能性が高いとの見解を示した。

    豪中銀は緩和策が経済に与える影響を注視しているとしたほか、現時点で貸出基準が悪化している兆候はほとんどないと指摘した。

    原題:RBA Sees Significant Monetary Support Needed for Some Time (2)(抜粋)

    (c)2021 Bloomberg L.P.

  • 豪中銀総裁、低金利は「なおかなりの長期間」続く見通し

    (ブルームバーグ): オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は5日、経済見通しが改善しているものの、物価圧力の抑制で金利は「なおかなりの長期間」低水準にとどまるだろうと述べた。

    ロウ総裁は半期に一度の議会証言で、「豪州の経済悪化は恐れていたほど深刻でなく、回復は早めに始まり、予想以上に力強い」とした上で、「まだ先は長いという事実に変わりない」と語った。

    豪中銀は2日、通貨高回避などで債券購入計画の延長を発表し、市場では予想外だった。ロウ総裁はまた、雇用とインフレが目標に程遠い中で少なくとも2024年まで利上げを見込んでいないとも発言した。

    ロウ総裁は証言の冒頭、「賃金の伸びとインフレの抑制は今後も続くと予想される」とし、「賃金の伸びは現行の低水準から上向くが非常に緩やかであり、来年末時点で2%に届かないと予想される」と説明した。

    原題:RBA’s Lowe Says Australian Rates to Stay Low for ‘a While Yet’(抜粋)

    (c)2021 Bloomberg L.P.

  • 豪、数年にわたり大規模な金融支援が必要 低金利維持へ=中銀総裁

    [シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のロウ総裁は3日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、数年にわたり「大規模な金融支援」が必要だとし、雇用が十分に創出され、賃金上昇率やインフレ率が押し上げられるまで政策金利をゼロ近辺で据え置く考えを示した。

    総裁は講演で「金利を引き上げる前に理事会は、インフレ率が継続的に2─3%の目標レンジ内で推移することを確認する必要がある」とし、目標達成には、中銀見通しよりも労働市場が引き締まり、賃金が力強く伸びる必要があると指摘した。

    「いつこの条件を満たすか特定することは難しいが、2024年より前になるとは見込んでおらず、それ以降になるかもしれない」と語った。

    質疑応答では「平均2.5%のインフレ率を安定的に実現するような賃金上昇圧力を生み出すには、失業率の4%台回帰が必要だ。それはまだ遠い先のように見える」と述べた。

    豪失業率は昨年、一時7.5%に上昇した後、現在は6.5%前後で推移している。

    ロウ総裁は「インフレ率が2─3%にしっかり収まると確信できるまで金利は調整しない」と繰り返し強調。「労働市場との関連性を踏まえると、それはかなり先になると考えている。(向こう)3年は金利上昇の可能性は低いと自信を持って言っているのはそのためだ」と述べた。

    中銀は前日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.1%に据え置いた。また、債券買い入れプログラムを1000億豪ドル(760億米ドル)増額し、少なくとも2024年まで金利を据え置くと表明した。金利据え置きは市場の予想通りだったが、債券買い入れ拡大はサプライズとなった。[nL4N2K816N]

    総裁は中銀の緩和政策について、豪ドル高の抑制を含め、想定通りに機能していると指摘した。

    <追加緩和観測>

    ロウ総裁の発言を受け、エコノミストの間では中銀が年内に量的緩和を広げるとの見方が出ている。

    RBCのエコノミスト、スーリン・オン氏は「QE3(量的緩和第3弾)に扉が開かれているのは明らかだ。再延長の可能性が高い」と語った。

    新型コロナによる景気低迷を受けて、中銀は昨年、3度の利下げを実施。中銀のバランスシートも1800億豪ドルから3300億豪ドルに拡大した。政府も3000億豪ドルの財政出動を行った。

    景気刺激策により住宅市場は急速に回復し、価格も急上昇している。不動産コンサルタント、コアロジックが1日に公表したデータによると、1月のオーストラリアの住宅価格は4カ月連続で上昇し、過去最高を記録した。[nL4N2K70JX]

    総裁は、住宅市場の活況は家計を支援し、消費を促していると指摘。住宅価格の上昇が一段の住宅建設を後押しするとの見方を示した。

    その上で「住宅価格の再上昇に伴い、融資基準の動向を注視している。融資基準が悪化すれば懸念要因になる。ただ、現時点でそうした兆候はほとんどみられない」と述べた。

  • 「QE延長がなければ、豪ドルには受け入れられない上昇圧力がかかっていただろう」
    (ロウRBA総裁)

     2月2日、オーストラリア準備銀行(RBA)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレートと3年物国債利回りの目標を0.1%に据え置いた。そして、債券買い入れプログラムを4月中旬から1000億豪ドル増額し、少なくとも2024年まで金利を据え置くと表明した。
     インフレ率が目標レンジ(2-3%)内に収まるまで利上げを見送る方針も表明された。
     ロウRBA総裁は、国内経済の回復については全般的に楽観的な見方を表明しながらも、「理事会は目標が達成されるまで、非常に支援的な金融状況を維持することに依然としてコミットしている。雇用が大幅に増加し、労働市場が引き締まった状態に戻ることが必要となる。理事会は早くても2024年までこの条件が満たされないと予想している。インフレ目標を達成にするには賃金上昇率が現在の1.4%を大幅に上回る必要がある」と述べた。
     豪準備銀行(RBA)は、2020年11月から、コロナ禍対策と豪ドル高対策として、2021年4月までの6カ月間で1000億豪ドルの債券買い入れプログラムを導入した。
     オーストラリアの2020-21年度の国債発行額は1877億豪ドルだが、約半分をRBAが買い入れることになる。
     そして、RBAは、4月以降も1000億豪ドルの債券買い入れプログラムを継続することで、2021-22年度の国債発行額1440億豪ドルの大部分をRBAが買い入れることになる。
     ロウRBA総裁は、「政策金利はかなりの期間、低水準を維持する見込み。2024年のインフレ目標時期は後ずれする可能性もある。雇用確保と賃金上昇を達成するまで金融政策支援を継続する必要がある。QE延長がなければ、豪ドルには受け入れられない上昇圧力がかかっていただろう」と豪ドル高を牽制した。
     さらに、2月5日の半期に一度の議会証言では、経済見通しが改善しているものの、物価圧力の抑制で金利は「なおかなりの長期間」低水準にとどまるだろう、と述べた。

    ■豪準備銀行(RBA)金融政策報告
    「2024年までは、失業率・インフレ率ともに目標に到達しない見込み」
    「理事会は、景気を力強く支援する金融政策の維持にコミット」
    「極めて大規模な金融支援を当面維持する必要がある」
    「楽観的シナリオでも、基調インフレ率は2023年半ばまで引き続き2%を下回って推移」

    ■オーストラリアの失業率とインフレ率
    【失業率】低下傾向
    ・2020年11月:6.8%
    ・2020年12月:6.6%
    【インフレ率】上昇傾向
    ・2020年7-9月期:前年比+0.7%
    ・2020年10-12月期:前年比+0.9%

    ■豪準備銀行(RBA)政策金利
    ・2021年2月:0.1%
    ・2020年11月:0.1%
    ・2020年3月:0.25%
    ・2020年3月:0.50%
    ・2019年10月:0.75%
    ・2019年7月:1.00%
    ・2019年6月:1.25%

  • 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
    「経済を支援する金融政策を維持することにコミット」
    「早くても2024年まで失業、インフレ目標に到達しないと予想」
    「GDP見通し、2021年が+3.5%、2022年が+3.5%、2023年は+3.0%」
    「豪国境は2021年末まで閉鎖されると予測」
    「失業の可能性はすでに高まっており、ジョブキーパーの終了は1つの不確実性」
    「政府による財政支援の縮小に対して消費がどう反応するかが主要な不確実性」
    「商品価格の上昇が豪ドルに上向きの圧力をかけた」

  • 豪中銀、量的緩和の追加拡充の上、向こう3年は金利を維持の方針
    感染収束やカネ余りの影響が懸念される一方、中銀は景気下支えに向けた姿勢を一段と強化

     豪州では、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて同国内でも感染拡大に見舞われた。都市封鎖により一旦は収束するも、感染再拡大により都市封鎖の再強化に追い込まれ、昨年末以降の森林火災と相俟って景気減速に陥った。ただし、昨年末以降は感染収束が進んで経済活動の正常化が図られており、今後はワクチン接種計画も進められる見通しであり、新型コロナウイルスの克服に向けた歩みは着実に進んでいる。

     豪州経済は内需依存度が相対的に高いが、中国経済の影響を受け易くなっており、足下の両国関係の悪化は景気の足かせとなる懸念がある。他方、国際商品市況の堅調さは景気の押し上げに資する上、金融市場のカネ余りが不動産市場のバブル化を招く懸念も出るなかで中銀の対応に注目が集まったが、中銀は2日の定例会合で政策金利を据え置く一方、量的緩和策の拡充を決定した。中銀は改めて向こう3年は政策金利を維持する方針を示したが、追加緩和余地が限られるなかで豪ドル相場は底堅い展開が続くであろう。

  • ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
    「必要であれば追加の財政措置を政府に期待」
    「回復に向けての財政面での対応は非常に重要」
    「世界の中銀は通貨を巡り冷戦状態にはない」
    「雇用確保と賃金上昇まで金融政策による支援を継続する必要」

  • 2日12:33 オーストラリア準備銀行(RBA)声明
    「実際のインフレ率が目標の2-3%の範囲内に持続的に収まるまでは利上げしない」
    「賃金の伸びを現在よりも大幅に高める必要があり、そのためには雇用が大幅に増加し、引き締まった労働市場に戻ることが必要」
    「利上げの条件が満たされるのは早くても2024年と予想」
    「現在の債券購入プログラムが終了する4月中旬以降、1000億豪ドル追加購入することを決定」
    「現在と同様に週に50億豪ドルのペース」
    「景気回復は順調に進んでおり、当初の予想を上回る勢いで推移」
    「GDPは今年半ばには2019年末の水準に戻ると予想」
    「為替レートは上昇しており、近年のレンジの上限に位置」
    「債券購入プログラムの延長決定は、金融支援の継続を確実なものとする」

  • 豪中銀は2日開催の理事会で昨年11月導入の1000億豪ドルの国債等の資産購入策を4月中旬の終了後も延長すると決めた。追加購入は週50億豪ドルペースで買い入れ、政策金利や豪3年債利回り誘導目標は0.1%で据え置いた。
    ロウ総裁は声明で「資金調達コストの低下や豪ドル下落に寄与し景気回復を支え続けている」との認識を示した。

  • 2021-02-02 12:30
    指標結果
    RBA、政策金利を0.10%で据え置き 予想通り

    ※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

    豪準備銀行(RBA)政策金利発表〔予想 0.10%で据え置き〕 (前回発表値 0.10%で据え置き)

  • ブルームバーグによると、豪コモンウェルス銀のシニアエコノミスト兼通貨ストラテジストのキム・ムンディ氏は、きょうの豪中銀金融政策会合の結果発表をめぐっては、実施内容よりもメッセージに豪ドルが反応する可能性があると2日付のリポートで指摘した。

    金融政策の変更はなしと予想。
    焦点は4月に期限を迎える1000億豪ドルの債券購入プログラムに関する何らかのシグナルがあるかどうか。
    3月か4月の会合で債券購入プログラムのさらなる延長(6カ月、1000億豪ドル)が発表されると予想する。
    一部アナリストは今週に債券購入プログラム関連の発表があると期待している。
    豪ドルは豪中銀が声明でヒントを示さない場合、日中緩やかに上昇する可能性がある。

  • 時事通信によると、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が、国内で利下げが永続的と借り手に受け止められれば、住宅価格が今後3年間で30%値上がりする可能性が あると分析していたことが明らかになった。18日付の経済紙オーストラリアン・フィナ ンシャル・レビューが報じた。

    同紙が情報公開法に基づき入手した豪中銀の内部文書によると、経済にとって最も大きなリスクは高い失業率だが、低金利を受けて強力になった家計の収支がこうしたリスクの相殺に寄与する可能性がある。

    豪中銀は11月に分析を実施。市中銀行に対する低利融資や債券購入プログラム、0.1%の政策金利が新型コロナウイルス主導の景気悪化からの回復を支援すると見込んでい る。
    中銀の当局者は23日付のメモで、住宅価格をはじめ、株式など他の資産の値上がりに よって家計の資産効果が高まり、現金収支が改善し、消費者支出も押し上げられ、企業の 投資を刺激するとの見方を示した。金融政策を緩和すれば、為替相場にも下押し圧力がか かるとも予想した。
    豪中銀は、永続的な1%幅の利下げが行われれば、住宅価格が3年間で30%上昇する と分析。利下げが一時的な場合には3年間で10%の上昇になると見込んでいる。

  • オーストラリア準備銀行[RBA 2021年日程]

    2021年02月02日[12:30 金利発表]
    2021年02月05日[09:30 四半期金融政策報告]
    2021年02月16日[09:30 議事録公表]
    2021年03月02日[12:30 金利発表]
    2021年03月16日[09:30 議事録公表]
    2021年04月06日[13:30 金利発表]
    2021年04月20日[10:30 議事録公表]
    2021年05月04日[13:30 金利発表]
    2021年05月07日[10:30 四半期金融政策報告]
    2021年05月18日[10:30 議事録公表]
    2021年06月01日[13:30 金利発表]
    2021年06月15日[10:30 議事録公表]
    2021年07月06日[13:30 金利発表]
    2021年07月20日[10:30 議事録公表]
    2021年08月03日[13:30 金利発表]
    2021年08月06日[10:30 四半期金融政策報告]
    2021年08月17日[10:30 議事録公表]
    2021年09月07日[13:30 金利発表]
    2021年09月21日[10:30 議事録公表]
    2021年10月05日[13:30 金利発表]
    2021年10月19日[09:30 議事録公表]
    2021年11月02日[12:30 金利発表]
    2021年11月05日[09:30 四半期金融政策報告]
    2021年11月16日[09:30 議事録公表]
    2021年12月07日[12:30 金利発表]
    2021年12月21日[09:30 議事録公表]
    (日本時間)

  • 豪準備銀行(RBA)議事要旨
    「今後の会合で債券購入プログラムの規模とその経済への影響を検討」
    「インフレが持続的に2-3%の目標範囲に入るまで利上げはない」
    「3年債利回り目標を維持するために必要な金額で債券を購入する準備ができている」

  • 豪準備銀行(RBA)議事要旨
    「必要であればさらなる行動の準備ある」
    「政策は債券買い入れにフォーカス」
    「少なくとも今後3年間の利上げを想定していない」

  • ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
    「第3四半期のGDPの結果は良かった」
    「格下げについては心配していない」
    「パンデミックが経済と投資に永続的な損害を与えた」

  • ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
    「経済の危機を脱した」
    「賃金と物価の圧力は抑制されたまま」
    「マイナス金利導入の可能性は非常に低い」
    「さらなる措置を行う用意がある」
    「経済の回復は予想よりも良い可能性」
    「第3-4四半期はしっかりとしたプラス成長を見込む」

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan