IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 25日の欧州外国為替市場でドル円は底堅い。22時時点では106.16円と20時時点(106.06円)と比べて10銭程度のドル高水準だった。時間外の米10年債利回りが昨年2月以来の水準となる1.46%台まで上昇したことを受け、一時106.18円まで本日高値を更新。その後も高値圏で底堅く推移している。

 ユーロドルは高値圏でのもみ合い。22時時点では1.2226ドルと20時時点(1.2228ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ安水準だった。20時過ぎに1.2238ドルまで上値を伸ばし、その後は1.2230ドルを挟んだ水準でのもみ合いとなった。米長期金利が上昇している影響で対エマージング通貨などではドル買いが進んだものの、独10年債利回りなど欧州長期金利も軒並み上昇幅を広げたため、対ユーロでドル買いが進む展開にはなっていない。

 ユーロ円は底堅い。22時時点では129.80円と20時時点(129.69円)と比べて11銭程度のユーロ高水準だった。底堅い地合いが続き、一時129.88円まで上昇した。


本日これまでの参考レンジ
ドル円:105.85円 - 106.18円
ユーロドル:1.2156ドル - 1.2238ドル
ユーロ円:128.76円 - 129.88円