IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日経平均は大幅反発。一時上げ幅を縮める場面はあったが、すぐさま持ち直す展開。終盤にかけて強い動きとなり、高値圏で終えた。25日移動平均線(28210円 2/5)や5日移動平均線(28444円 同)から上放れた。主要移動平均線は上向きを続けるなど、買い圧力は強い。

 一目均衡表をみると、日足の転換線(28207円 同)は下向きに転じる一方、基準線(27950円 同)は上向きを継続。日足や週足ともに強い買い圧力を示唆する三役好転の状況を続けている。
 
 下押したところでも28500円を割り込まず、下値の堅さを示唆した。一方、1月以降は28800円台に乗せると上値が重くなり、利益確定売りに押される展開となっている。来週以降は押し返されることなく、1月14日の昨年来高値(28979円)を更新し、節目の29000円を目指す動きとなるか注目したい。