ここから本文です

いつも思うことなんだが、インフラファンドの増資があったら、証券会社の店頭へ行って目論見書を冊子で入手すべきだと思う。今回の主幹事はSMBC日興とみずほ。物件ごとに特徴があるわけで目論見書でしかわからない物件情報や賃料計算式もある。REITと同じく物件を押さえておくことは、投資に必須の作業だと思うし、PCでなく紙媒体でじっくり読め、読み応えがある。PDFで読むには少々疲れるページ数があるので。