IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

タカラが権利落ちが意識され堅調な一方で
カナの割高感が是正され差が約7000円まで来ました
5000円から1万円差が順当な差だろうと値踏みしているので
現状タカラの割安感もカナの割高感も無くなったぐらいです

その他インフラ系銘柄の中では
権利が遠い再生、エネクスの割安感が現状顕著に出てきました
またいちごの一括配当の上げは引き続き期待

タカラは年始からだと5000円ぐらい下げてはいますが
暴落時からの上げでかなり取れているので
プラスにはなっているでしょう
よくがんばりました