IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ヘッジショートとして、資生堂はどうでしょう?

日経225採用で、PER78、外国比率43、中国比率が高く、次の決算2月9日で中国市場がコケれば、3月末まで安心して持てそうです。
ただ、出来高も高く、週足で下値付近なので、、危険なのかな、、

  • >>983

    資生堂は中国で好調です。かなり早い時期に進出していますし、現地化にも成功しています。昔は高額なイメージがあり、消費層が限られていましたが、今は大衆も手が届く価格になりました。中国での売上、欧米合わせた分より大きいし、コロナ禍において実店舗のマイナス影響をオンライン販売で補っているはずです。

    来月の決算、苦戦があるとすれば国内市場かな。

    それより、私は①コーセーとの比較でまだまだ下値があるかなと思います。共に上場来高値は2018年6月、コーセーは上場来高値比マイナス59.5%、年初来高値比マイナス43%、昨日年初来安値、コロナの安値も割り込んでいます。資生堂は、上場来高値比マイナス37%、年初来高値比マイナス30.5%で、昨日年初来安値ですが、コロナ安値は割っていない。指標面も相対的に資生堂の方が割高、もう一段下げありそうな…②今の地合い、投資対象外の銘柄はとことん叩かれるので、ヘルスケア・化粧品セクターはバリュー並みのPERでも売られ続けています。例えば、2934など。

    以上の2点から、資生堂のショートはありかなと思います。