IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

大水害で車が使えなくなり 観光など 一時的な現象と推定 今後の動向を注意したい

1 米国の輸出状況の変化

2 インドの輸出状況の変化

3「           」

4「           」

5「           」を注意した。

  • >>13323




    目標実現へ ハイテク分野の育成にさらに注力の見通し

    今回の会議で示された、来年以降の新たな「5か年計画」は、国内経済を主体にしながら質の高い発展を目指すもので、輸出依存型の経済からの転換を図るとともにアメリカとの対立が激しさを増す中で海外への依存度を減らすねらいもあるとみられます。

    会議の閉会後に発表されたコミュニケによりますと、新たな「5か年計画」では、国内経済の「循環」を主体として輸出依存から転換させるため、内需を拡大させ、供給側の構造改革を進めるとしています。

    これに加え、国際経済の「循環」として、対外開放を進めて国外からの投資を呼び込むことや巨大経済圏構想「一帯一路」を推進していくとしていて、2つの「循環」を結び付けて質の高い発展を目指すことを掲げています。

    国内経済を主体とする背景には、アメリカが中国との経済的なつながりを切り離そうとするいわゆる「デカップリング」の動きや、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、海外への依存度を減らすねらいもあるとみられます。

    また、会議ではこのほか、2035年までの長期目標も示されました。
    具体的には、1人当たりのGDP=国内総生産を中程度の先進国の水準に引き上げることや、トップレベルのイノベーション型国家を目指すことを掲げています。

    一連の計画や目標の実現に向けて習近平指導部はハイテク分野の育成にさらに力を入れる見通しです。

    中国は2015年に打ち出した「中国製造2025」で、半導体の国産化率を2025年までに70%に引き上げるなど、ハイテク分野で世界トップの水準を目指すと掲げ、この分野の覇権をめぐる米中対立の引き金にもなりました。

    このため、今回策定された計画や目標の実現に向けた具体的な政策しだいでは、ハイテク分野での米中の対立が激しさを増す可能性もあります。

    NHK

  • >>13323

    大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

    10月30日 大紀元ニュース

    ◆新疆で感染拡大「3次感染の可能性」

    ◆中国「所得格差と個人消費低迷」

    ◆米、中国共産党による宗教弾圧を批判

    ◆デジタル人民元「偽物が出回っている」