IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
株実況スレ

株実況スレ

  • 1,330
  • 1
  • 2022/01/29 10:49
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 1330(最新)

    dailyWorker yes 1月29日 10:49

    2022-01-29 08:34
    通常市況
    NY株式サマリー(28日)=ダウ564ドル高と大幅反発 週間では460ドル高

    ◆ダウ平均: 34725.47 +564.69 +1.65%
    ◆S&P500: 4431.85 +105.34 +2.43%
    ◆NASDAQ: 13770.57 +417.79 +3.13%

     28日のNY株式相場は大幅反発。足もとで大きく下落したハイテク株が大きく反発した。ダウ平均は564.69ドル高(+1.65%)と4日ぶりに大幅反発。好決算を発表したアップルが6.98%高、ビザが10.60%高となり、2銘柄でダウ平均を217ドル押し上げた。ダウ平均は、決算が予想を下回ったシェブロンが3.52%安、予想を上回る決算を発表したキャタピラーも5.19%安となり、一時353ドル安まで下落する場面もあった。S&P500も2.43%高と4日ぶりに大幅反発し、ハイテク株主体のナスダック総合は3.13%高の大幅反発。ハイテク・ジャイアントはアップルのほか、アルファベットとアマゾンが3%超上昇し、マイクロソフトとメタ(フェイスブック)も2%超上昇した。週間ではダウ平均が460.10ドル高(+1.34%)、S&P500が0.77%高とともに4週ぶりに反発し、ナスダック総合は0.01%高とほぼ変わらずで終了した。

     経済指標では、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注目する12月コア個人消費支出(PCE)価格指数が前年比+4.9%となり、前月の+4.7%や市場予想の+4.8%を上回る強い結果となったが、10-12月期の雇用コスト指数が前期比+1.0%となり、予想の+1.2%を下回った。1月ミシガン大消費者信頼感指数確報値も67.2と予想の68.7を下回り、2011年11月以来の低水準となった。米10年債利回りは前日の1.80%から1.77%に低下した。

  • 2022-01-29 06:21
    緊急市況
    米国株式市場、大幅上昇で引け=28日米国株式

    米国株式市場は引けにかけて上げ幅を拡大して引けた。米企業決算の好調などが意識され、買い戻しの動きが意識された。

    終値は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34725.47(564.69)
    NASDAQ総合指数:13770.57(417.79)
    S&P500指数:4431.85(105.34)

  • 2022-01-29 03:14
    緊急市況
    米国株式市場、上昇しての推移=28日米国株式

    米国株式市場は上昇しての推移。好調な企業決算などを背景に、リスク志向の動きが意識されている。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34332.06(171.28)
    NASDAQ総合指数:13584.54(231.76)
    S&P500指数:4362.04(35.53)

  • 2022-01-29 00:14
    緊急市況
    米国株式市場、下落しての推移=28日米国株式

    米国株式市場は下落しての推移。ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を下回ったことを背景に、売り圧力が強まっている。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:33961.99(-198.79)
    NASDAQ総合指数:13315.61(-37.17)
    S&P500指数:4299.37(-27.14)

  • 2022-01-28 23:59
    緊急市況
    欧州株式市場、軟調地合いで推移=28日欧州株式

    欧州株式市場は大きく下落しての推移。米株の軟調地合いなどを背景に、下値を拡大しての動き。

    現状の水準は以下の通り。

    ユーロ・ストック50指数:4102.35(-82.62)
    FTSE100指数:7449.81(-104.50)
    CAC40指数:6898.13(-125.67)
    DAX指数:15211.28(-312.99)

  • 2022-01-28 23:35
    通常市況
    NYオープン-もみ合い 先物に売り先行も、下押し圧力を弱めて寄り付く

     NY株式オープンはもみ合い。売り先行となった時間外取引の米株価指数先物の地合いは、現物市場にとっても重し。ただ、寄り付き前発表の米経済指標が個人消費や支出、雇用コストがやや落ち着いたことを示す内容だったため、株価先物は底打ち。現物寄り付き時点の下押し圧力は弱まった。

    DOW  
     34184.55 +23.77(+0.07%)  
    NASDAQ  
     13442.63 +89.85(+0.67%)  
    S&P500  
     4339.47 +12.96(+0.30%)

  • 2022-01-28 23:20
    テクニカル
    フィボナッチ(米国株式市場)

         NYダウ    ナスダック
    高値   34773.32  13765.91
    61.8%  34480.884  13596.589
    50.0%  34390.550  13544.285
    38.2%  34300.216  13491.982
    安値   34007.78  13322.66

    *高値・安値は前営業日のレンジを参考にしています。

  • 2022-01-28 16:50
    テクニカル
    フィボナッチ(欧州株式市場)

         FT100    ドイツDAX
    高値   7596.70  15582.45
    61.8%  7517.282  15435.411
    50.0%  7492.750  15389.990
    38.2%  7468.218  15344.569
    安値   7388.80  15197.53

    *高値・安値は前営業日のレンジを参考にしています。

  • 2022-01-28 08:42
    通常市況
    NY株式サマリー(27日)=ダウ7ドル安とほぼ横ばい 一時600ドル超上昇

    ◆ダウ平均:34160.78 -7.31 -0.02%
    ◆S&P500:4326.51 -23.42 -0.54%
    ◆NASDAQ:13352.78 -189.34 -1.40%

     27日のNY株式相場は軟調。強い10-12月期GDP速報値を好感し上昇してスタートしたものの、午後に失速した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融引き締めに積極的な姿勢が示され、金融政策の先行き不透明感が意識される中、引け後に決算発表を控えるアップルは2.60%高まで上昇後、0.29%安と8営業日続落して終了した。ダウ平均は605ドル高まで上昇したが、160ドル安まで反落し、7.31ドル安(-0.02%)とほぼ変わらずで終了。ダウ・インク(+5.17%)、シェブロン(+2.02%)、メルク(+1.82%)などが上昇した一方、インテル(-7.04%)、ボーイング(-2.33%)、アメリカン・エキスプレス(-1.95%)などが下落した。S&P500も1.81%高まで上昇後、0.54%安と3日続落して終了。ハイテク株主体のナスダック総合は1.65%高まで上昇後、1.40%安とほぼ安値引け。テスラが好決算を発表したものの、11.55%安と急落したほか、半導体株も軒並み下落し、ハイテク株指数を押し下げた。

     S&P500の11セクターは、エネルギー、公益、生活必需品など6セクターが上昇した一方、一般消費財、不動産、資本財、金融、ITの5セクターが下落。米10年債利回りは前日の1.87%から1.80%に低下した。引け後に決算を発表したアップルは時間外で5%超上昇し、ビザも5超上昇。一方、ロビンフッドは時間外で10%超下落した。

  • >>1319

    米株価指数は時間外でも下落、ネットフリックス決算を嫌気 来週のFOMCを警戒した売りも 
    株式 2022/01/21(金) 14:10

    東京時間13:56現在
    ダウ平均先物MAR 22月限 34508.00(-108.00 -0.31%)
    S&P500先物MAR 22月限 4443.00(-31.75 -0.71%)
    NASDAQ100先物MAR 22月限 14649.50(-191.50 -1.29%)

    米株価指数は時間外でも大きく下げている。ダウ先物は108ドル安、ナスダック先物は1.29%下げている。ネットフリックスの決算内容が嫌気されているほか、来週のFOMCを警戒した売りも強まっているもよう。ネットフリックスは第1四半期の新規加入者数の予想を250万人としたが、市場予想の626万人を大きく下回ったことで、新たな成長鈍化に入ったとの懸念が高まり、同社株は時間外で一時20%急落する場面があった。3月の米利上げはほぼ確実視されており、中には一気に0.5%引き上げるとの予想も出ている。来週のFOMC後のパウエルFRB議長の会見内容がタカ派寄りだと捉えられた場合、早期利上げ期待から米金利が上昇し、米株はさらに大きく下げる可能性がある。

  • 米株価指数先物 時間外取引 上昇 アップルが一時5%高、アマゾンやマイクロソフトも買われる
    株式 2022/01/28(金) 08:23

    東京時間08:10現在
    ダウ平均先物MAR 22月限 34236.00(+193.00 +0.57%)
    S&P500先物MAR 22月限 4351.50(+33.75 +0.78%)
    NASDAQ100先物MAR 22月限 14177.75(+191.00 +1.37%)

    米株価指数は時間外で上昇、ナスダックは1.3%高。アップルの四半期決算は売上高が市場予想を上回り、四半期ベースで過去最高を記録した。アップル株は時間外で一時5%高となったほか、アマゾンやアルファベット、メタ、マイクロソフトなどほかのハイテク関連も軒並み上昇している。

  • 2022-01-28 06:21
    緊急市況
    米国株式市場、下落しての引け=27日米国株式

    米国株式市場は下落しての引け。朝方は買い戻しの動きにダウが600ドル超の上昇となったが、買い一巡後は米国の金融政策に対する思惑から売りの流れが強まり、結局マイナス圏での引けとなった。

    終値は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34160.78(-7.31)
    NASDAQ総合指数:13352.79(-189.33)
    S&P500指数:4326.51(-23.42)

  • 2022-01-28 03:17
    緊急市況
    米国株式市場、上げ幅縮小=27日米国株式

    米国株式市場は上げ幅を縮小しての推移。ダウは一時マイナス圏に転じるなど、調整売りに上値を抑えられている。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34213.33(45.24)
    NASDAQ総合指数:13437.20(-104.92)
    S&P500指数:4354.42(4.49)

  • 2022-01-28 00:15
    緊急市況
    米国株式市場、大幅上昇=27日米国株式

    米国株式市場は大幅上昇となって推移。買い戻しの動きが意識されて上値を拡大している。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34758.48(590.39)
    NASDAQ総合指数:13763.83(221.71)
    S&P500指数:4411.26(61.33)

  • 2022-01-27 23:35
    通常市況
    NYオープン-上昇 強い米GDPや予想範囲のインフレ指標が支え

     NY株式オープンは上昇。昨日は米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の会見内容がタカ派的と判断され、米株は売られた。その後を受け、本日は米国内総生産(GDP)が予想より強かった一方、重要な米インフレ指標のコアPCEデフレーターが予想範囲に収まったことが、現時点では下支え要因となっており買い優勢でスタート。

    DOW  
     34447.38 +279.29(+0.82%)  
    NASDAQ  
     13706.48 +164.36(+1.21%)  
    S&P500  
     4395.52 +45.59(+1.05%)

  • 2022-01-27 23:20
    テクニカル
    フィボナッチ(米国株式市場)

         NYダウ    ナスダック
    高値   34815.67  14002.65
    61.8%  34456.899  13769.454
    50.0%  34346.075  13697.420
    38.2%  34235.251  13625.386
    安値   33876.48  13392.19

    *高値・安値は前営業日のレンジを参考にしています。

  • 2022-01-27 08:29
    通常市況
    NY株式サマリー(26日)=ダウ129ドル安 517ドル高まで上昇後、FOMCを受けて下落

    ◆ダウ平均:34168.09 -129.64 -0.38%
    ◆S&P500:4349.93 -6.52 -0.15%
    ◆NASDAQ:13542.12 +2.82 +0.02%

     26日のNY株式相場は高安まちまち。決算や見通しが好感されたマイクロソフトの上昇などを追い風に上昇してスタートしたものの、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表後に長期金利が上昇したことで売りが優勢となった。FOMC声明文で3月利上げが示唆され、バランスシートの縮小についても言及があった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は会見でインフレ高進について強い懸念を示し、労働市場を傷つけることなく利上げが可能だと強調した。ダウ平均は一時517ドル高まで上昇後、421ドル安まで反落し、129.64ドル安(-0.38%)と2日続落して終了。S&P500も2.22%高まで上昇後、1.19%安まで反落し、0.15%安と小幅に続落して終了。ハイテク株主体のナスダック総合は3.42%高まで上昇し、0.02%高とわずかながらプラス圏で終了した。ダウ平均採用銘柄はマイクロソフトが2.85%上昇したほか、ビザ、インテル、アメリカン・エキスプレスも1%超上昇。一方、決算が嫌気されたボーイングが4.82%下落し、ベライゾン、3M、ディズニーなども2-3%下落した。米10年債利回りは前日の1.77%台から1.88%まで上昇。投資家の不安心理を示すVIX指数は31.96ポイントと前日比0.80ポイント上昇した。

     時間外の動きでは、引け後に決算を発表したテスラは時間外で一時3%近く下落後、プラス圏を回復。インテルは弱い利益率見通しが嫌気され時間外で2%超下落した。ビル・アックマン氏率いるパーシング・スクエアの取得が明らかになったネットフリックスは時間外で4%超上昇した。

  • 2022-01-27 06:21
    緊急市況
    米国株式市場=ダウがマイナス圏に沈む=26日米国株式

    米国株式市場はまちまちでの引け。FOMCを受けて買い進まれる場面もあったが、パウエルFRB議長の発言により早期利上げ観測に対する警戒感が強まり、ダウはマイナス圏に沈んだ。

    終値は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34168.09(-129.64)
    NASDAQ総合指数:13542.12(2.83)
    S&P500指数:4349.93(-6.52)

  • 2022-01-27 04:47
    緊急市況
    米国株式市場、ダウがマイナス圏に転じる=26日米国株式

    米国株式市場はダウがマイナス圏に転じる動き。タカ派的な議長の発言を受けて売り圧力が強まっている。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34213.18(-84.55)
    NASDAQ総合指数:13659.37(120.08)
    S&P500指数:4424.41(67.96)

  • 2022-01-27 04:14
    緊急市況
    米国株式市場、やや上値抑えられる=26日米国株式

    米国株式市場はFOMCを受けて底堅い動きが展開されたが、早期利上げ観測に対する思惑から上げ幅を縮小する展開。

    現状の水準は以下の通り。

    NYダウ工業株30種:34577.11(279.38)
    NASDAQ総合指数:13896.52(357.23)
    S&P500指数:4423.94(67.49)

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan