IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

市場内部要因 取組み 研究
ファーストリティング 信用取引残高
2020.10/9
売残  454.8 +54.2
買残   94.7 -45.2
倍率  0.21倍

発行株式総数 1億株を超える 株式 に対し 、
信用買い残 は  僅か 9万4千株.安定株主 も 多い.
買い方 は 、機関中心に 現物買い で来てる.
売り方 は  一般個人投資家 の 集まり .

今後  売り方 は 信用期日 の 到来 も 有るし 、
この先 逆日歩 も 長期に 続く.
勝負決着 は 付いてる と思う.

カラ売り残 には 現物所有 の 個人投資家 の ヘッジ売り も 
入っている . 踏み上げの 高値で 現物 を 売って 、 空売り を
残したり 、新規カラ売り を 掛ける 個人投資家 も 現れてる.

拙稿 №.46 №48 の 日証金貸借残 を 観ると 10/14~10/16 分 は
新規貸株 が  13万株 増えて来た.

10/12~10/13 の 踏み上げ で 、一度 減った 売り残 が
増えて来て 取組み が 更に 逼迫して 来た.
買い方機関 は 又、 買い上げて来る .思う つぼ となる.
くれぐれも 先行き チャブ つかないように .
注意 深く .