ここから本文です

>>41

動画の作成に伴うバックミュージックの選び方のテクニックについて扱います。

内容が例えば、人類の存続に関わる脅威について扱う場合、緊迫感のあるミュージックを選ぶことができます。

この場合、いいメロディーを楽しめるようなものは選ばず、緊迫感が続くミュージックを選ぶことができます。

しかし、緊迫感のある内容から一変し、希望が持てる内容を織込むのであれば、そこでミュージックを区切り、楽しめるメロディーを途中から入れることにより、変化を持たせることができます。

以下をご参照ください。これは緊迫感のあるミュージックは使っていませんが、3分26秒あたりからですが、内容に沿ってミュージックを途中から変えています。

【データの単語の繋がり】
https://youtu.be/LNsOTWsvqRE

参考までに。

  • >>43

    動画編集アプリ、Cute CUT Proでの2つ以上の音声データのミックスについてですが、ボリュームバランスを調整する必要があります。

    例えば、読み上げデータを組み込んだ場合、バックミュージックの方が音量が大きいと、何を言っているか聞き取れなくなるので、大切なポイントです。

    Cute CUT Proの音声データを選択した後、画面左側に音符マークが表示されますが、その右側に出た「オーディオ...」の表示の部分をダブルタップすると画面下側にスピーカーマークが出るので、それをタップするとレベルを調整する機能が表示されるので、それでできます。

    参考までに。