ここから本文です
現在位置:
  • <<
  • 2533 2557
  • >>
  • >>2532

    ミサイル・ジョーダンさん、初心者さん、ありがとうございます。現在のような相場環境だと経験の浅い方や中長期投資の方に取っては、とても難しい環境のように思います。かと言って私のような投資スタイルでも、先物やオプションプット或いはコールを交えながらの取引でないと、株式の売買だけでコンスタントに利益を出すのは難しいと思います。

    そんなこともあり、相場環境が良くなったらまた投稿しようと思います。ただ、今日の個別の動きを見ていると、この掲示板でも何度か投稿している銘柄で、7673ダイコー通産、7813プラッツ、3465ケイアイスター不動産、2379デイップ等の銘柄は高値を更新しています。これらの銘柄は、最近の四半期毎の好決算銘柄で、揉みあいの後に高値を更新しています。どんな悪い環境でも地道に銘柄選別を行い、無理なく投資していけば資産を増やすことは可能かと思います。そんなんで暫く休もうかと思います。

  • なかちゃんさんの投稿が無くなるのは本当に寂しいです。
    幾度となく、このような厳しい相場環境の中で救われたかわかりません。
    また、投稿が復活することを期待しております。

    かつて、将来の移住先に瀬戸内海の温暖な地域を挙げられていましたが、本当にお探しでしたらお手伝いができるかと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • なかちゃんさん

    お久しぶりでございます。
    投稿止められるのでしょうか?
    個人的には無理しない範囲でたまにでも投稿していただきたいと思うのですが、
    投稿しても反応がなくて空しい感じがするというのも理解できます。
    私も投稿が少なくて申し訳ございません。
    まだ現役で親の世話や自分の体調等で時間がないことと、
    アホな自分が投稿して読む人の目に良くないと思う気持ちからの躊躇が
    あります。
    なかちゃんさんと語るほどの技量も経験もないということもあります。

    この掲示板を読むようになって、以前とは業績や配当に対する見方が
    変わったように思いますし、なかちゃんさんの売ったら別の株 的な考えを
    参考に、以前よりは少しは銘柄に入れ込まないで利益確保を心がけるように
    なったように思います(まだ思い込む悪癖はあります)。
    他にはオプション取引を使った投資手法は目から鱗でした。
    この掲示板をみていましたが、結局は私以外にオプション取引をしてみた
    という投稿がなくて、疑問点があっても他の人があまり関心がないかも
    しれないことを書くのはためらってしまいました。

    昨日日経平均が上昇したので、昨日から今朝にかけてプットを少しだけ
    買ってみました。
    先月も買ったのですが、最終的にゼロになるのが嫌な気がして、
    売ったらその後の波乱でかなりの上昇をして残念な思いをしました。
    結果的に利益は出ましたが、雀の涙でした。
    ある程度は最後はゼロになることも覚悟しないといけないのか と思いました。

    今回のオプション取引が紙屑になるかは判りませんが(多分なるかな・・・)、
    継続的にトライしてみたいと思っています。
    昨日は前日まで1桁だった21,500円、21,625円のコールが上昇して
    低調な時にコール買いもあるのかと思いました。

    この掲示板はなかちゃんさんが作られた掲示板ですので、
    相場の変換点的な時に自由に投稿いただければ・・・ とムシのよいことを
    考えていてすみません。
    投稿完全中止でなくて暫く休止(たまに投稿)を願っています。

    文中、誤字脱字や不適切表現がありましたら、ご容赦願います。

  • こんばんわ。温かいコメントを頂き有難く思います。私は、まだ現役で働いていることもあって、正直、各四半期の業績確認に追いついていません。以前のように気力が湧かず夜も遅くまで起きていることができなくなり、21時頃には就寝してしまいます。その分、朝早く起きれるのでその時点で業績確認すれば良いのですが、趣味でやっていた野菜や果物の出荷が本格的になってしまい、朝は出荷の準備に追われてしまっています。

    そんなこともあって好業績銘柄の選別が完璧にできておらず、掲示板にも自信を持って書き込める銘柄が少なくなってしまっています。そんなこともあって少し休もうかなと思っていた矢先に、昨日の日経平均の大幅高でした。

    十分な分析はできていなくとも、ダイコー通産、レスターホールディングス、東京エレクrトロンデバイス、和井田製作所、太平電業、椿本興業、野村ホールディングス、協和エクシオ、トピー工業、ケイアイスター不動産、住友商事、ニッカトー、東洋合成工業等、掲示板で何度か投稿した銘柄やそうでなく、選別して登録していた銘柄等の多くが上昇し良かったかなと思います。

    特に、ダイコー通産やレスターホールディングス等は何度か投稿したので買われた方もいるかと思います。やはり好業績銘柄の押し目買いはこんな相場環境であっても報われると感じています。自分の眼力を信じ少しですが自分を褒めたいと思います。特に3156レスターホールディングスは自信があった銘柄なので、第一四半期決算後の高値1,769円まで本日11円まで迫っており、これを抜けると軽くなるかと思います。ただあくまでも押し目買いかと思います。来週、1,700円そこそこがあれば追加買いして行こうかと思います。私は自信があったので、1,600円くらいを底と考え1,650円割れは積極的に買いました。

    来週の三ヶ月に一度のメジャーSQを前に、オプション取引のコールは大きく買われ、例えば、権利行使価格21,250円コールは、13円⇒195円、同じく権利行使価格21,500円は、4円⇒86円と10倍~20倍に化けました。来週はメジャーSQと言うことで一波乱あるかと思いますが、時間もないので賭けでプットを買うとしたら9日の月曜日に、20,750円を十数円、20,500円辺りを数円で買うくらいでしょうか。勿論、今晩の米国株が堅調に推移し、日経平均先物も今日の引け値くらいで始まることが前提ですが。

    そんなことで、オプションのプットもコールも買い時は時間軸との勝負なので、できるだけ引き付けながら逆売買(強気の時はプット逆に弱気の時はコール)していくのが原則です。仮に紙屑になっても、損失ができるだけ少ないような時に買うべきかと思います。私の場合には、価格的には数円~十数円帯の権利行使価格での取引が殆どです。

    最後に、これからは、投稿を止めるのではなく、少し休もうかなと思って程度なので、時々は投稿して行こうかと思いますので安心してください。そう思わないとのチェックも多いのですが、この掲示板は、登録している方も86と多く、人気の銘柄とさほど変わらない方が見ていることを思うと、無責任な投稿はできないと常々感じています。

  • >>2539

    なかちゃんさん
    ご投稿いただいてよかったです。

    本日は、台風で鉄道が運転見合わせで、しかも、夕方に病院へ検査に行く予定ですので、通勤を苦労して仕事に行っても、すぐに帰らないといけないので、休みにしました。

    投稿は出来る範囲で良いように思います。
    就寝が早いのも仕方ないと思います。
    オプション取引をすると夜間の米国相場を見て、夜間取引をしたくなるのですが、寝不足は免疫機能低下や認知症で体に良くないという考えもあるようなので、私もできるだけ自重しないといけないと思っています。
    あまり銘柄のことを書くと、私の場合、裏目に出ること多々あるので控えています。
    ただ新明和工業とかは、なかちゃんさんの投稿を見て配当も良さそうだし、と考えて下がった時に買いました。
    キトーなんかも売買しました(今は保有無し)。
    自分で銘柄選択すると、ローツエとか苦労するのが多いです。
    たぶん、goldfingerさんと同程度のローツェ歴と思いますが、自分にとっては結構つかれる銘柄のようなので最近は全部処分し、機会を見ての少量の売買にしています。

    オプション取引は手探り状態です。
    今回ちょっと早く手出ししてしまったようで、損失は仕方ないか・・・という状態です。
    今日買うと残存時間が短くて、SQ波乱があるかどうか次第ですね。
    なかちゃんさんの言われる通り時間軸との勝負なので、紙屑ロスを最小限にしつつ取引することを習得したいと思っています。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • おはようございます。昨日まで仕事の関係で株式市場を見ることができませんでした。今日から月末までは、さほど忙しくないのでのんびりと眺めることができそうです。と言ってもあまり積極的な売買はできません。

    四季報の発売時期ですが、秋号は19日(木)と例年と比較し遅くなっているような気がします。以前なら有料情報の、四季報オンラインで気になる銘柄のチェックをしたのですが、今回は毎週木曜日の朝に更新されている内容の確認をさぼってしまっています。

    今回の四季報は、第一四半期の業績発表を受け、東洋経済独自での中間及び年間の業績予測を強気或いは弱気に見ているかが良くわかります。その意味では、今後の各銘柄の企業業績を予測するには大切な号だと思います。

    昨日の株式市場では、プラッツ、サンフロンティア不動産、ケイアイスター不動産、ジャックス、太平電業、椿本興業等の好業績銘柄が買われていました。逆に買われたいたダイコー通産等は利食い売りにおされていました。また、業績悪でも底値確認されたトピー工業、九月中間期での高配当利回り銘柄の新明和工業、太陽ホールディングス等も買われていました。

    特に注目と言うのではありませんが、3179シュッピン、1413ヒノキヤグループ、パルステック工業等の銘柄はウォッチ銘柄として登録しています。シュッピンは、四季報オンラインの、『速報!サプライズ銘柄』の8月27日の初日に取り上げられ1,123円まで買われましたが、昨日は8月売上高が対前年度比-1.9%減と言うことで売られたいました。第一四半期決算後ストップ高の860円まで買われ、その後更に1,123円まで買われていたので、ここは十分引き付けながら860円辺りをターゲットにして少し買って見ようかと思います。

    普段は見向きもしない証券株で大型株の野村ホールディングスは、好業績と言うことで370円くらいでこの掲示板に投稿しましたが、空売りを飲み込んで451円まで買われました。今の相場環境では十分かなと思います。今週はメジャーSQ週ですが、あまり波乱がないように感じていますが、どうなることでしょうか。

  • こんにちは。引き続き好業績銘柄、底値確認された銘柄が買われています。キトー、ジャックス、トピー工業、住友商事、野村ホールディングス、プラッツ、杉本商事、三井物産等が相当するかと思います。

    そんななかで、3156レスターホールディングスは、第一四半期決算翌日8月14日の高値1,763円を超え本日高値1,767円までありました。この銘柄は、配当金も80円あり、1,700円くらいまでの押し目待ちと書いたのですが、なかなか下げてきてくれません。かと言って高値掴みは嫌なので静観しています。ある程度の株数は買っているので、それで良しとします。

    トピー工業は、1,719円⇒1,979円、キトーも1,369円⇒1,542円、住友商事も1,478円⇒1,710円、東京エレクトロンデバイスも1,859円⇒2,053円、杉本商事も1,763円⇒2,095円と最安値で買えなかったとしても10%以上或いは15%くらいの上昇はしており、いつも言っているようにに、三週間或いは一ヶ月で10~15%も取れれば今の相場環境では十分かと思います。欲をかくとまた下げた時に何故あの時にと思うので、細かな売買が必要かと思います。一昨年のような相場は暫くは無理かと考えています。

    以前、何度も投稿したように中長期保有の相場は、リーマンショック、或いは東日本大震災の時のように、株価が大きく下げた時のみ通用するのであって、殆どの場合は、大変でしょうが、四半期決算を見て買われやすくそして配当利回りの高い下げにくい銘柄での回転かと思います。そう言った意味では、住友商事の1,400円台は、年間90円配当で計算した底値時の配当利回りは6.1%にもなり、安心して保有できる銘柄かと思います。

    当面は突込み買いで、ある程度の利幅で売却のパターンで良いかと思います。一度、投稿を休むと言っておきながら、何度か投稿して良く思っていない方もいるかと思いますが、ご容赦願います。

  • こんにちは。今日も強い相場展開です。今週はメジャーSQ週で今日は、『SQ週の魔の水曜日』ですが、波乱もなく想定以上の買われ方です。ここの所の上昇で評価益も大きく増えてきました。

    今日の目だった所では、3179シュッピンが昨日の安値873円から、底打ちした動きで高値946円まであります。決算後のストップ高、860円割れをターゲットにしていましたが、昨日小手調べ程度に買ってみました。その他、相変わらず野村ホールディングスが買われており、チャートを見ると、決算後は19営業日で3日しか陰線を付けておらず、16日陽線となっており右肩上がりの上昇です。この掲示板で投稿した時が370円くらいだったので、100円(27%)以上上昇しています。この相場環境でこの上昇率なら十分ではないでしょうか。

    ニッカトー、エー&ティー、トピー工業、太陽ホールディングス、住友商事、レスターホールディングス、キトー、新明和工業、KHネオケム等も買われており、今後は出遅れ物色になりそうです。そんな視点で銘柄を探して見ると、案外多くの銘柄が見つかります。第一四半期の進捗率が悪く売られ過ぎ銘柄や、第一四半期の進捗率が例年とさほど変わりないのに、ただ単に第一四半期の進捗率が悪く買われていない銘柄とか、探せばかなりの銘柄が眠っています。

    今週はメジャーSQなので、オプションプットを買うには、来月10月物を買う必要があり、期間のプレミアが付いているので買いにくいかと思います。そんなこともあり、ウィークリーオプションプット9月-3Wの権利行使価格20,500円の10円割れくらいしかなさそうです。今は、無理してプットを買う必要もないかと思いますが、それでも下げに対するヘッジの目的では必要かと思います。

  • なかちゃんさんが孤軍奮闘して投稿しておりますので、私もたまには投稿する気になりました。
    日経平均は今日で七日連騰です。様変わりの強さですね。もちあいボックスが続いていた相場であり、これといった大きな材料が出たわけでもないので、乗り損なった投資家もおられれるのではないでしょうか。
    後講釈になりますが、9/5日の日経平均の窓明け・陽線が転機となりました。

    今日は、250円の特別配当に目がくらんで買い持ちしていた6810・マクセルをこのところ、寄付き後、しばらく下げてその後上昇していたので、すぐに買い戻すことを前提に寄り付きで一部を売ってみました。
    寄り付き後、一瞬下げただけで上げ歩調となり、1603円までありました。
    一瞬下げただけなので買い戻す暇もなく、(今日も)失敗です。
    後知恵ですが、売るなら大台の1600円を越えたところで売るべきでした。
    当たり前のことですが、相場って難しいですね。

  • ダウ平均株価は、27,137ドル(プラス227ドル)と、七月中旬に付けた史上最高値の27,359ドルに接近してきました。来週の17、18日に行われるFOMCでの利下げ期待や米中貿易摩擦の更なる悪化懸念が和らいだこともあっての上昇かと思います。既にある程度の利下げは織り込み済みのせいか、為替も円高方向には動いていません。

    FOMCでの利下げで材料出尽くしになり、一旦下げるのか更なる上昇なのかはわかりませんが、個人的にはかなり危険水域に入っていると思います。そのため最大の注意を払いながら稼げるうちに稼いで逃げるが勝ちと思っています。その間にオプションプットが安く買えるようならウィークリーオプション9月3Wを買っても良いかなと思っています。ウィークリオプションは、期先のものしか出来高がなく、ー週末の土、日を挟むとそれだけで価値が落ちるので、週明けの月曜日に買うのが有利かと思います。

    昨日は野村ホールディングスやレスターホールディングスのような好業績銘柄以外の、業績悪で売り込まれていたトピー工業、THK等も買われており、チャートを見ると業績発表前の水準近くまで戻ってきています。ミサイル・ジョーダンさんが言っているように株は本当にわからなく難しく感じています。ただ、基本は安く買い上がったら売り、深追いはしない、たまには休む、資金枠いっぱいなど買わず、いつも資金枠の30%くらいを最大に投資する、株価位置に依っては先物やオプションプットでヘッジする、好業績銘柄の押し目を買う等の基本を守ってさえいれば、それなりの利益は出ると考えています。

    それなりにいくつかの銘柄を買って持続していますが、そのなかでは、地味ですが、3,100円割れを買った4626太陽ホールディングスは昨日3,500円手前まで買われてきており、配当130円と言うこともあり、それなりに安心して保有できています。これらも適当に利食いながらそろそろ警戒感MAXで臨みたいと思います。

  • こんにちは。短期的にはゴールデンチャートが発生し四日目?でしょうか。米国株の上昇、為替の安定を受け、今日も200円近く上昇しています。警戒感を強めながら売れるものは売っています。

    今日のなかでは引き続きレスターホールディングス、シュッピン、ケイアイスター不動産、協和エクシオ、ヨコオ、ローツェ、アンリツ、KHネオコム、ナブテスコ等の好業績、材料系の銘柄が買われている反面、先行して買われていたプラッツ、トピー工業等は利食いに押されています。更なる上昇があるかどうか見極めながら押し目待ちスタンスにシフトして行こうかと思います。

    保有銘柄では、太陽ホールディングス3,070円⇒3,520円(14.7%)、レスターホールディングス、1,590円⇒1,829円(15.0%)と最安値で買っていなくとも、決算後の一ヶ月間くらいで10.0%以上の利益があれば、銀行に現金を預けていると考えれば十分かと思います。今日も淡々と売買しています。

  • 株式投資は無差別級の試合

    普段、株式を売買していてあまり意識しないですが、よく考えれば上記の試合をして、お金の取りっこをしています。
    多くのスポーツは、体重とかランク別に分かれて試合をしており、実力のかけ離れたものが試合をするということはありません。
    相撲で言えば、横綱が序の口や幕下と対戦することはありません。
    ところが株式投資は株式市場という土俵で、上は横綱、大関、下は序の口や幕下が総当りです。もし株式投資を離れて、お前、横綱・大関クラスの実力を持った人と対戦してみろといわれたら、みんな尻込みして対戦する人はいませんでしょう。

    もう数十年も前の話ですが、いろいろな手法を試しても一般株で勝てないときがありました。そのとき、「横綱、大関がいる土俵で戦っても勝てない」と気が付いてリートを専門にやっていました。
    2,3日前にふっとこのことを思い出し、リート市場はどうなっているのかと指数チャートを見たところ、日足、週足、月足ともに右肩上がりです。月足にいたっては2017.10月から上昇トレンドです。
    また、配当(リートは配当といわなかった記憶がありますが)利回りも5%前後のものがごろごろしています。

    もし、この投稿を初心者の方が見ておられましたら、リートは一般株と違って先物や借株を使った売り崩しもないし、利回りといった防波堤もありますので、興味をもたれたらよいかと思います。

  • なかちゃんさん ミサイル・ジョーダンさん 皆様 おはようございます。

    9月プットオプションは見事に負けました。
    昨日まで、日経平均8連騰位でしょうか? 今日も上がりそうですね。
    プットを買った時に、米中貿易協議の話とか英国の合意無き離脱回避が見えていたので、そうそう良い話は続かない気がしていたのですが、昨晩はECBの緩和策とか良い話が珍しく続いているなと思っています。

    なかちゃんさんにお尋ねがあります。
    答えることができるときに答えられるものだけで結構です。
    1.楽天証券でウィークリーオプションの取引をされているように思うのですが、
      (1)限月物に期間のプレミアムがついていて買いにくいときに、
       週初めにウィークリーオプションを買って週末までのヘッジをする感じ
       でしょうか?
      (2)例えば9月3Wは、いつまで取引可能でしょうか?
        最終日9月19日日中取引まででしょうか?
      (3)私は楽天証券はあまり利用していませんが、楽天証券のオプション取引は
       パソコンではマーケットスピード、
       スマホでは ispeedの先物オプション用
       を使って注文するのでしょうか?
       特に、パソコンでの注文の出し方がよく判らないでいます。
      (4)マーケットスピードのオプション理論価格シミュレーションの機能は
       使われていますか?
       どのように使われていますか?
      (5)ウィークリーオプションは出来高という点でどうなのでしょうか?
       
    9月物を振り返ると、特にコールの21,500円が9月4日の最低価格4円が、
    最後の方では90倍近くになってますね。
    9月4日に安いから買ってみようかなという気がふとわきましたが、
    低調な相場で、コール買いではヘッジにならないなと思って見送りしました。
    残念!

    株式の方は、なかちゃんさんの書き込みを拝見し、シュッピンを少しだけ買っていましたが昨日売りました。
    打診買いレベルでもう少し買いたかったのですが、上に行ってしまいました。

    では、失礼します。
    長くなってしまってすみません。

  • >>2550

    時間がないので簡単に回答します。

    (1)限月物に期間のプレミアムがついていて買いにくいときに、
       週初めにウィークリーオプションを買って週末までのヘッジをする感じ
       でしょうか?⇒その時々ですが、9-3Wだったら、週末の今日でも良いし、   理想的には来週の月曜日でしょうか。ただ、今晩の米国株次第です。


    (2)例えば9月3Wは、いつまで取引可能でしょうか?
        最終日9月19日日中取引まででしょうか?⇒そうです。

      (3)私は楽天証券はあまり利用していませんが、楽天証券のオプション取引は
       パソコンではマーケットスピード、
       スマホでは ispeedの先物オプション用
       を使って注文するのでしょうか?
       特に、パソコンでの注文の出し方がよく判らないでいます。
       ⇒その通りです。マーケットスピードとispeedの先物オプション用です。 
      (4)マーケットスピードのオプション理論価格シミュレーションの機能は
       使われていますか?
       どのように使われていますか?⇒当然使っています。色々な角度から先々   のオプション価格を調べます。

      (5)ウィークリーオプションは出来高という点でどうなのでしょうか?⇒
       次週かその週ならそこそこあるかと思います。

    あまり時間が割けないので、これ以上は自身で調べてください。

  • こんにちは。今日も指数は上昇していますが、自分の好みの銘柄は殆ど変らずか下げています。ファーストリテーリング等、指数の寄与度の高い銘柄がSQ絡みで買われているのかも知れません。色々なやり方がありますが、やはり今の相場は、適度に利食いながらでないと儲からない気がします。

    今日は監視している銘柄では、アンリツ、ゼロ、チノ、ケイアイスター不動産、日工、サンフロンティア不動産等が買われているくらいでしょうか。

    今日は、年間月で二番目に多い株主優待の一般信用売りの人気の高い銘柄が株不足になりそうなので、19時までに株ドットコム証券で抽選申し込みをしようと思います。数十銘柄候補があるのですが、一般信用の場合、手数料+配当の税金+売りの金利等を計算し、それらを払ってでも良い銘柄だけを選別する必要があり、かなり面倒です。1,000円くらいのクオカードだとマイナスになりそうです。

  • >>2551

    なかちゃんさん お答えいただきありがとうございます。
    (1)週末または翌週初めに買って、その週の木曜日の日中取引までの
      短期ですね。
    (2)パソコンでの注文は自分で調べて判りました。
      マウスの右クリックを使ってメニュー表示させるようですね。
    (3)オプション理論価格シミュレーションの機能は、
      どう使うのかは研究課題です。
      何をシミュレーションで調べるか、現在は全く白紙状態です。
    (4)ウィークリーオプションは、近い限月物だとそこそこの出来高が
      あるような感じですね。

    マーケットスピードの機能やオプション取引は、自分で更に研究してみます。
    また、お尋ねすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • >>2553

    こんばんは。良く使うのは、オプション価格が残日数やIV(インデックスボラティリティー)でどう変化するかをシュミレーションできます。

    マーケットスピードで、オプションのプット或いはコールの価格帯を選択し、棒グラフのアイコンをクリックするとオプション理論価格シュミレーションが表示されます。そこで同意するをクリックすると、先物価格、残日数、IVを自分の思うような数字で入力できます。残存日数は、土、日、祭日も含みます。そこでIVも現時点と同値を入力し、先物価格、残存日数は自分の好きな数字を入力し、計算するをクリックすると、オプション価格の理論値がでてきます。

    ちなみに9-3Wのプット21,375円であれば。15円が三連休明けの残存日数3日で8.3円となり、来週の月曜日であれば、8円で買えます。仮に連休中の月曜日夜の米国株が堅調に推移し、先物価格21,880円で終わるのが条件です。

    仮に、来週の火曜日、水曜日或いは木曜日に日経平均先物が500円以上下げれば、先物は、21,880⇒21,380円となり権利行使価格に迫ります。その時点の9-3W21,375プットは、火曜日時点で8.3円⇒125円となり大化けすることになります。

  • >>2554

    なかちゃんさん 詳しいご説明ありがとうございます。
    シミュ―レーションの感じは判りました。
    ただ私の場合「Market Speed オプション理論価格計算」の画面は表示されるのですが、計算ボタンのあるプライシングモデルの茶色の行の下にプレミアムとギリシャ文字の表示がある行はあるのですが、その下にあるべき肝心の計算結果の数字の行が何故か表示されず、シミュレーションの操作ができないようです。
    何らかの理由があるのかもしれませんが、楽天証券へ聞かないといけないのかなと思っています。

  • >>2555

    先物、オプション口座は開設済ですか?また、マーケットスピードは常に使える状態ですか。プレミアムの下に理論価格が表示される筈です。

  • なかちゃんさん 病院へ行ったり、実家へ行ったりで今 帰宅しました。
    なかちゃんさんの疑問点は私も同じで、確認してみました。
    1.先物、オプション口座は開設済かどうか
      楽天証券の「申込が必要なお取引」は、
      先物・オプション取引(売建買建とも)が開設済・取引可です。
    2.マーケットスピードは使える状態か
      オプションの価格やチャートを見ることができるので、
      使えていると思います。
    両方の検証のために、証拠金の入金をマーケットスピードの「総合」のタブで
    預り金→証拠金で行い、出来ました。
    念のため、3Wの23,000円のプットを1円で買うという成立しないであろう注文を出してみて、受け付けられました。
    なので、1及び2ともにOKと思います。

    相変わらず、オプション理論価格計算で表示されるべき一番下の計算結果数値行だけが表示されません。
    操作方法が間違っているか、パソコンその他のなんらかの状況が影響しているのか判りません。
    明日、実家に行くことがあったら、実家のパソコンでやってみます。

  • <<
  • 2533 2557
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順