ここから本文です

9768いであは前場で回転分を利確しましたが、後場更に買われています。
失敗しましたが、よくあることで仕方ないです。ガチホ分をホールドして満足としましょう。

さて、私の場合も銘柄選定はなかちゃんさんほどではありませんが決して楽ではありません。
以前にも投稿しましたが、私の場合の銘柄選定基準は下記の通りです。
1.株価が5000円以下
2.今後1~3年の業績変化率が大きそう。即ちEPSが伸びそう。
3.現在のPERが極端に割高でない。
この程度ですが、今後伸びそうな業種はやはりテーマから選びます。
5gとか、半導体とか、自動運転とかーーーーです。
テーマから関連企業を3~5つ選びます。(この選定は四季報やネット情報等を利用します。)
実はそれからの企業分析に時間をかけています。(沢山ありますがかいつまんで書きます。)
1.まず、それら候補企業の短信から売上、利益情報を3期分程度四半期ごとにエクセル入力し、各四半期の業績、EPS,利益率、受注高、受注残等の表を作ります。
2.さらにそこに期初の会社業績予想、期中の業績修正予想等を加えます。
3.この基礎資料をもとに、業績の伸び、利益率の変化、受注の状況、期初業績予想の保守性等いろいろ検討を加え、1社選びます。もっといろいろ検討しますがーーー。
4.次に選定された1社の集中的に調べます。
特に、主力製品に対する理解に力を入れています。製品の成長性、マーケットシェア、競合他社、利益率、輸出比率等この会社は伸びると確信が持てるまで調べます。
もちろん短信ほか、有報、決算説明資料、その他決算情報、会社紹介ビデオ、製品情報等は必ず目を通します。
5.次にYahooの掲示板の書き込みも丹念にみます。ほとんどがたわいもない書き込みですが、ときおり重要情報も入っています。
6.そして、最後に会社のIRに電話し、やはり特に製品の特長、競争力を中心に聞きます。
7.これで満足できれば、買いに入りますが、チャート見て少しづつ積み上げています。
いずれにしてもなんとなく「感じで買っている」のではなく、徹底的に企業分析をしてGOです。
失敗すればそれは自分の能力不足でしょう。

予断ですが、今日利確した「いであ」の会社説明ビデオは大変良くできていて、この会社は伸びると確信したのが当初購入の決め手です。