ここから本文です

おはようございます。NYダウ平均株価は27,090ドル(+132ドル)と買われた終わりました。日経平均先物も22,960円(+110円)と23,000円に近づいてきました。今年4月の高値を超え次は昨年10月高値24,448円となりますが、流石にそこまで急速に買われるとは考えにくく、警戒感を強めながらの取引になりそうです。

三月本決算銘柄の中間決算が始まり、私が当初予想した以上に上方修正銘柄や好決算銘柄が目立っています。昨日投稿した9624長大、6855日本電子材料、4629大伸化学等が目立っていましたが、昨日分では1909日本ドライケミカルと6246テクノスマートの上方修正が目立っていました。

私は上方修正は、トレーダーズ・ウェブ、業績内容はIFISで確認していますが、IFISでは上方修正後の数値で進捗率等が計算されるので、ランキング上位にはでてこなくなります。そのため、どうしてもトレーダーズ・ウェブとの両方での確認が必要になります。

上方修正分も好決算銘柄も買いの強い所ではなく、押し目を待っての買いとなりますが、そこを甘く見ていると三桜工業のように一気に買われてしまうため、買いタイミングは大底は難しく、最初の買いは無理のない株数で妥協して買うようにしています。

この銘柄が良いと言う訳ではないですが、チャート的には4312サイバネットシステム、2480システム・ロケーション、4317レイ、9691両毛システムズ、4761さくらケーシーエス等のチャートのように急騰後の押し目を拾っていくようにしています。今日も午前中は仕事で場を見れないので、なかなか買いも難しくまた決算や上方修正の確認も終わりそうにありません。

  • >>2643

    おはようございます。
    なかちゃんさんの好きな銘柄のチャートを拝見させていただきました。
    好材料が出て、上にすっ飛んでも、ここでは買わずに監視銘柄にいれ、押し目を買うということですね。
    私も前から思っていたのですが、好材料が出ると今まで持っていた大口の投資家が持ち株を高く売るため、値を吊り上げるように感じていました(オーバーシュートということもあると思いますが)。
    マクセルが250円の大番振る舞いの特別配当を発表したとき、上にすっ飛んで、寄付きが最高値で、その後、これを抜くことはありませんでした。
    押し目を買うのはよくわかるのですが、これは私の持論ですが、押し目もあまり深いのは良くないと思っております。あまり深いと、あっ、先の高値が天井ではないか、と戻りを売ってくる投資家が多くなるような気がするからです。