ここから本文です

おはようございます。NYダウ平均株価は、大幅高の26,573ドル(+372ドル)で終わりました。パウエルFRB議長は講演で米経済が概ね良好な状態にあるとの見解を示したが、雇用統計が強弱入り混じる内容だったことや、今週は製造業・非製造業景況指数が予想を下振れたことから、今月のFOMCでの利下げ期待も根強く、終日上昇となった。

日経平均先物は、為替が動いていないこともあってか、少し見劣りし21,520円(+200円)で終わりました。米国株は、二日間続けて大きく下げていましたが、大幅反発して終わりました。ただ、利下げ期待だけの上昇なので、このまま続くとは思いません。

昨日と一昨日は少し買いましたが、来週月曜日の動き次第で売却しようかと思います。それほど今の相場環境は日々の動きが読めなく、少しでも利がのっていれば売却するしかありません。そんなんで週末はのんびり過ごせそうです。