ここから本文です

おはようございます。先ほど終わった米国株は、500ドル近い下げで終わりました。下げ幅は一時600ドル近くまでありました。注目していたのは、二日連続大幅安になるかどうかでしたが、最近では見られなかった連続安でした。そのため、明日以降も下げが続くかどうかです。

米製造業景況指数が約10年ぶりの低水準だったことで、景気の減速が見えてきたのが原因かと思います。今日は、ISM非製造業景況指数、明日は、米雇用統計の発表が控えており、今後の方向感がどうなるか重要な週末になりそうです。

週末に向け、10-1Wのウィークリーオプションがとんでもない動きになっていました。権利行使価格21,000円プットは、1円⇒33円、同様に21,250円プットも5円⇒105円と20~30倍に化けていました。正規な10月プットも、10倍くらいに化けていました。これがあるので、オプションプットの掛け捨て買いは止められません。

今日も寄り段階での動きで少しだけ買って見ますが、あくまでも博打ではなく、反発しそうな銘柄の少数買いです。本気で買うような環境ではないので、継続して小手調べです。各銘柄とも安値からそこそこ上昇しているので利食い売りが出やすい水準かと思います。折角、出現したGCも崩れてしまいました。