ここから本文です

こんにちは。短期的にはゴールデンチャートが発生し四日目?でしょうか。米国株の上昇、為替の安定を受け、今日も200円近く上昇しています。警戒感を強めながら売れるものは売っています。

今日のなかでは引き続きレスターホールディングス、シュッピン、ケイアイスター不動産、協和エクシオ、ヨコオ、ローツェ、アンリツ、KHネオコム、ナブテスコ等の好業績、材料系の銘柄が買われている反面、先行して買われていたプラッツ、トピー工業等は利食いに押されています。更なる上昇があるかどうか見極めながら押し目待ちスタンスにシフトして行こうかと思います。

保有銘柄では、太陽ホールディングス3,070円⇒3,520円(14.7%)、レスターホールディングス、1,590円⇒1,829円(15.0%)と最安値で買っていなくとも、決算後の一ヶ月間くらいで10.0%以上の利益があれば、銀行に現金を預けていると考えれば十分かと思います。今日も淡々と売買しています。