ここから本文です

こんにちは。今日も強い相場展開です。今週はメジャーSQ週で今日は、『SQ週の魔の水曜日』ですが、波乱もなく想定以上の買われ方です。ここの所の上昇で評価益も大きく増えてきました。

今日の目だった所では、3179シュッピンが昨日の安値873円から、底打ちした動きで高値946円まであります。決算後のストップ高、860円割れをターゲットにしていましたが、昨日小手調べ程度に買ってみました。その他、相変わらず野村ホールディングスが買われており、チャートを見ると、決算後は19営業日で3日しか陰線を付けておらず、16日陽線となっており右肩上がりの上昇です。この掲示板で投稿した時が370円くらいだったので、100円(27%)以上上昇しています。この相場環境でこの上昇率なら十分ではないでしょうか。

ニッカトー、エー&ティー、トピー工業、太陽ホールディングス、住友商事、レスターホールディングス、キトー、新明和工業、KHネオケム等も買われており、今後は出遅れ物色になりそうです。そんな視点で銘柄を探して見ると、案外多くの銘柄が見つかります。第一四半期の進捗率が悪く売られ過ぎ銘柄や、第一四半期の進捗率が例年とさほど変わりないのに、ただ単に第一四半期の進捗率が悪く買われていない銘柄とか、探せばかなりの銘柄が眠っています。

今週はメジャーSQなので、オプションプットを買うには、来月10月物を買う必要があり、期間のプレミアが付いているので買いにくいかと思います。そんなこともあり、ウィークリーオプションプット9月-3Wの権利行使価格20,500円の10円割れくらいしかなさそうです。今は、無理してプットを買う必要もないかと思いますが、それでも下げに対するヘッジの目的では必要かと思います。