ここから本文です

おはようございます。米国株は何とか続落を防ぐことができましたが戻りは鈍く、今日の日本市場も戻りは鈍いかと思います。日本経済新聞の株式欄を見ると、年初来安値を示す黒太字の銘柄が目立ったいます。企業業績も減益銘柄がかなり多く、先々の株高期待は萎んでしまっています。

このままいけば、一度大きく下げてからの戻りを狙うのが良いかと思いますが、私の場合は少しですが好業績銘柄を買って、先物やオプションプットでヘッジする今までのやり方を継続しようと思います。昨日もそうですが、サンフロンティア不動産、レスターホールディングス等の好業績銘柄やダイコー通産、高橋カーテンウォール等の好業績銘柄も底堅い動きでした。

このような相場環境では休むのが一番良いかと思います。ただ、それもやり方や銘柄次第かと思います。今回の決算に於いても、チャートを確認しながら、銘柄に依っては全く下げず右肩上がりの銘柄がかなりありました。私の投資尺度からすれば絶対引っ掛からない銘柄ですが、このような銘柄を探すのも良いかと思います。(相当難しく、私にはそのような眼力はありません。)

個々人のやり方が異なると思うのでこれが良いと言うことは言えませんが、投資資金を絞って、いかなる場合においても株式市場から撤退するようなことがないような投資方法を選択すべきかと思います。