ここから本文です

おはようございます。三月本決算グループの各四半期決算が本格化してきました。昔の中間決算と本決算しか無かった時代は今のように各四半期決算と比較すると、かなり情報を得るのが難しかったのではないでしょうか。そう言う意味では現在のような各種情報がリアルタイムで得られるようになったのはとても良いことだと思う反面、情報を得るのが苦手な投資家はどのような投資スタイルをするのか知りたい所です。

さて決算の方は、明日には412社もの発表を控えており、決算内容に一喜一憂することになりそうです。先週末の26日(金)の決算では、エノモト、エスティック、PCA等の決算が良かったように思えます。また、昨日の発表では美樹工業、ヤギ等の決算内容が良かったと思います。

このような銘柄の株価の動きを見ながら、選別銘柄を決め押し目を買っていこうかと思いますが、決算はまだ始まったばかりなので、これからこのような銘柄はかなり出てくると思います。ただ、減益銘柄が多く逆に選別はやり易くなっています。