ここから本文です

私の投資配分は米株8%、米国リート9%、スイス株1%、米国ボロ債・金融債・優先リート22%、複合投資5%、日本株0%、Jリート・待機資金55%ですね。優先リートには妙味感じてます。利回り5%で年初来20%くらい上げている。

海外モノは大半が円ヘッジ。ヘッジコストはバカにならないけどドル円に関係ないのが精神衛生上、非常に良い。

  • >>26333

    私は前は所謂グローバルなオルタナとして、海外の社債や優先株の比重がそれなりでしたが、今は「スパイス」「浮き輪」程度ですね。利回りの源泉は安い時に買った石油株やATTで、年間1百万ぐらいは配当が入ります。海外税額控除で税効果もあります。

    欧州株は米ETFの一部で持ってましたが、比重は大分落としました。優良欧州企業は米国上場ADRで持っています。

    手元資金は10-15%ぐらいですね~。信用もやるので、流動資金もある程度持っておく必要もあるので。ただ、買いたいときは信用評価損も出るので、あまり資金を使えないのが実態ですね。