IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

産経新聞によると、政府・与党が検討する2021年度予算案成立後の追加経済対策として、新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令で収入が落ち込んだ困窮世帯の支援や中小企業の資金繰り支援などが浮上している。

困窮世帯への支援策としては、コロナ禍で失業したり、収入が大きく減ったりした人に絞った給付金などを想定。ひとり親世帯や住民税非課税世帯も対象に加えるべきだとの声もある。