ここから本文です

<参考>
BioTodayより

「2019-09-13 Novartis S1P標的多発性硬化症薬Mayzentは車椅子生活を約4年先延ばしにする

来年には承認に漕ぎ着けうるS1P標的薬・CelgeneのozanimodやJ&Jのponesimodとの競争が始まる前に備えを増やしておきたいMayzent(siponimod)の二次性進行型多発性硬化症(SPMS)患者歩行能長期維持効果や脳灰白質損失抑制効果をNovartisが披露しました。」


「2019-09-13 J&J 多発性硬化症へのS1P阻害剤ponesimodのPh3でSanofiのAubagioに勝利

Novartisの皮下注射剤ofatumumabの先月末発表のPh3結果に続いて、J&Jの経口剤ponesimodによる再発型多発性硬化症治療も直接比較第3相試験(OPTIMUM)でSanofiの経口剤Aubagio(teriflunomide)を負かしました。」