IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
  • 太陽光発電の国民負担、年2兆円超!電気代高騰!

    山形県でシナ企業ら千代田区1個分のメガソーラー




    固定価格買い取り制度導入後の賦課金(国民の負担金)の推移(週刊朝日2019年3月29日号から)


    再生可能エネルギー(主に太陽光発電)の買い取りのために国民が負担する費用が急増!

    年間2.4兆円(消費税の1%相当)=【標準家庭で1万円近くを支出】!



    千葉県鴨川市で計画されている250ヘクタールの大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画


    スペインやタイやシナなどの外資系企業「ユニバージー75合同会社」が山形県で計画している大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2つ合わせて約1070ヘクタールとなり、東京都千代田区がすっぽり入ってしまう面積


    スペインやタイやシナなどの「ユニバージー75合同会社」が、山形県の冬の積雪に耐えられるかどうか実験した施設。
    https://youtu.be/5wFbvTIqtmI


    結果は「バッキバキに壊れていた」(地元住民)という=平成30年(2018年)9月1日、山形県大石田町次年子(三枝玄太郎撮影)

    太陽光発電のために自然破壊が深刻化!



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00000065-sasahi-soci&p=1

    太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態〈週刊朝日〉
    3/23(土) 10:00配信、AERA dot.



    建設ラッシュが続く大規模な太陽光発電所「メガソーラー」。立地や自然破壊などを巡って、全国各地で地元住民たちによる反対運動が起きている。そんな中、太陽光発電そのものに対しても、性能や効率を疑問視する意見が出ている。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan