IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

…宇都宮健児氏「地方自治の原理・原則に反する愚行」…元日弁連会長が大阪都構想に
10/16(金) 15:11配信 デイリースポーツ
 宇都宮健児元日本弁護士連合会会長が14日にツイッターに投稿。大阪都構想について「地方自治の原理・原則に反する愚行であると言わねばならない」と指摘した。
 宇都宮氏は大阪都構想について、「大阪市を廃止して4つの特別区に再編する大阪都構想の是非を問う住民投票が10月12日に告示され11月1日に投開票される」と投票が近づいていることに触れ、「大阪都構想の一番の狙いは『二重行政』の解消ということである」と改めて示した。続けて「現在大阪市のような政令指定都市(政令市)は全国で20あるが、大阪市を除いて他の政令市では政令市廃止の動きはない」と大阪のみの動きであると指摘。…
 大阪都構想は私は予算がこれまでより浮くと推進派は言うが私は却って金がかかり納税した旧大阪市民にはメリットはないから反対だが、宇都宮氏の「地方自治の原理・原則に反する愚行であると言わねばならない」について反論すると大阪都は宇都宮氏が何回か立候補した東京都知事選挙の簡単に言えば東京都の縮小版である。
 現行の東京都が地方自治の原理原則に反する愚な制度なら何故、宇都宮氏は「東京都の都制度は地方自治に反する愚な制度だから23区をかつての東京市を復活させて23区を特別区とする都制度を廃止する」と主張して選挙で訴えなかったのか?と思う。
 言っている事と過去の行動に矛盾がある。
 東京都はいいが大阪が同じ事をやろうとしたら地方自治に反する愚行だ!は支離滅裂。
 こんな人を何回も都知事候補として応援する人もどうかしている。