IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • なりすましLongtimetrader…ご迷惑お掛けして申し訳ないです… ありがとうございます。

    何度もヤフーに対処依頼してますが…何もされないようです👊

  • >>2979

    おはようございます😊

    嬉しいニュースがたくさんですね。。いつも情報ありがとうございます。。
    アントにDIDI… ユニコーンさん達の旅立ちが増えてきましたね。。
    楽しみいっぱい。未来いっぱい。。ぜひ逞しくまっしぐにお願いしまーす。てへ😊🌼

  • >>2978

    おはようございます😊

    IPOも矢継ぎ早…守りを固めながら一挙に攻め入る感じがします… 株価5桁に向けて?^^

  • SBG…

    最近はIPOも順調に行ってる上に公募価格から剥離して上げてきている銘柄も増えてきて…

    何だか、歯車が合い出した様な…
    加速してきた様な…
    毎朝のチェックが嬉しい様な…

    いずれにしても営業利益の拡大も見込めそうで😊楽しみいっぱい。。
    −−−−−−−

    ソフバンクGのVFが出資する印ポリシーバザー、来年のIPO目指す
    7/20(月)
    (ブルームバーグ): ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資するインドの保険比較サイト、ポリシーバザーは2021年9月に評価額35億ドル(約3750億円)以上での新規株式公開(IPO)を目指している。デジタル経済が活況を呈する同国の巨大スタートアップで初の上場企業となる可能性がある。

    IPO前には20億ドル以上の評価額で約2億5000万ドルの資金調達を計画していると共同創業者ヤシシュ・ダヒヤ氏がブルームバーグ・ニュースに語った。

    同社は現在、引き受け幹事会社をウォール街の金融機関を含む2-3社に絞って選定中だという。ダヒヤ氏は、ポリシーバザーの親会社イーテックエーシス・マーケティング・アンド・コンサルティングの最高経営責任者(CEO)でもある。

    ポリシーバザーにはビジョン・ファンドのほか、タイガー・グローバル・マネジメントやテンセント・ホールディングス(騰訊)などが出資している。同社はソフトバンクグループが支援する米オンライン住宅保険のレモネードによる先の華々しい上場を再現したいと考えているようだ。
    上場先はムンバイ証券取引所(BSE)を予定しているが、規制が変更されれば重複上場も検討するとダヒヤ氏は語った。

  • SBクラウド=アリババクラウド使用(SB60%+アリババ出資40%保有)

    SBT=Microsoft(Azuru)を使って代理店。(オリジナルで日本用にカスタマイズも有り)農林水産省とKKの業務に使用

    いずれもARMのチップの需要量の促進

  • >>2975

    SB C&Sの取り組み  事業紹介・事業概要

    グループの原点であるIT流通事業をはじめ、変化する市場環境を迅速にとらえた、最先端のプロダクトとサービスをご提案し続けています。ビジネスの変革と成長を求めるお客さまに応え、革新的なソリューションを生み出し続けることで、マーケットの拡大に挑戦します。

    https://cas.softbank.jp/corp/business/

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° SB C&Sの取り組み  事業紹介・事業概要  グループの原点であるIT流通事業をはじめ、変

  • ソフトバンクグループ、Microsoft Country Partner of the Yearを受賞
    7/15(水) BCN

    ソフトバンク、SB C&S、SBテクノロジー(SBT)は7月14日、Microsoft Corporation(マイクロソフト)が選出する「2020 Microsoft Partner of the Year」で、「Microsoft Country Partner of the Year」を受賞したと発表した。

    Microsoft Partner of the Yearは、マイクロソフトの技術を用い、傑出したソリューションを開発・提供したパートナーを年に1度表彰するもの。アワードはいくつかのカテゴリーに分かれており、今回は世界100カ国、3300超の企業がエントリーした。その中からソフトバンク、SB C&S、SBTは、過去1年間に国内で最も優秀な実績をあげたパートナーを表彰するMicrosoft Country Partner of the Yearを、ソフトバンクグループとして受賞した。

    ソフトバンクは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」や、ネットワークサービス「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」をはじめとするさまざまなサービスを提供している。

    最近では、専任組織によるMicrosoft Azureを活用したシステムやソリューションの設計・構築をはじめ、ネットワークを含む高品質な保守・運用を行うMSP(Managed Service Provider)サービスを提供しており、この実績と技術力が評価され、Microsoft Azureのパートナー認定プログラムの最高位である「Microsoft Azure Expert MSP」と、ネットワークサービスに特化したパートナー認定プログラム「Microsoft Azure Networking MSP」の二つの認定を、日本の企業として初めて取得した。

    このようにクラウド関連のソリューションを包括的に提供することで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援してきたことが評価され、今回の受賞につながった。

    SB C&Sは、「Indirect Cloud Solution Provider(CSP)」として、Microsoft AzureやMicrosoft 365のパートナーのマーケット拡大を支援している。11年からOffice 365相談センターやAzure相談センターを運営し、パートナーとエンドユーザーへタイムリーに情報提供を行うとともに、疑問や懸念点の解消に取り組んでいる。とくに、Microsoft Azureに関してはSB C&S独自のパートナー向け支援プログラム「SB C&S Azure Club」を提供し、技術者の育成や案件獲得のための支援を行っており、日本市場のクラウドトランスフォーメーションを強力にドライブしたことが評価され、今回の受賞につながった。

    SBTは、09年にいち早くマイクロソフトクラウドビジネスを開始し、Microsoft 365の導入やMicrosoft Azureを活用した基幹システムの構築、これらに必要不可欠なセキュリティの導入など、国内大手企業・官公庁向けにトップクラスの導入実績をもっている。

    また、これまでに培ってきたクラウドとセキュリティの知見を基に、Microsoft 365向けマネージドセキュリティサービス「MSS for Microsoft 365」、Microsoft 365の利活用を促進するサービス「clouXion」、IoT活用に必要なモノ・データ・ヒトを統合的に管理するプラットフォームサービス「IoT Core Connect」といったMicrosoft Azureを基盤としたサービスを提供している。

    今年1月にはclouXionを含めたクラウドソリューションの納入実績が1000社を突破し、これらの活動により多くの企業のDXを支援してきたことが評価され、今回の受賞につながった。

    ソフトバンク、SB C&S、SBTは、今後もクラウド分野での各社のノウハウやリソースを活用し、ソフトバンクのグループシナジーを創出することで、顧客のワークスタイルの変革やDXを支援していく方針。

    ソフトバンクGがMicrosoft Country Partner of the Yearを受賞😊
    素晴らしいですね。Azureやアマゾンクラウドを通しての需要が多いことが伺えますね。
    ところでSBクラウドは何処へー!SBクラウドの技術力を鍛えた方がPAYPAYなどに活用することでコストを抑えられそうです・・。SBクラウドもがんりまっしょ🐈🐾

  • お客様、及びパートナー企業 各位
    本日、Armは、カスタマーデータプラットフォーム事業とIoT事業を、ソフトバンクグループ株式会社が所有及び運営する新しい事業体に移転することを提案致しました。
    今回、Armによって提案された事業主体の移転により、当社トレジャーデータのサービスやサポートに影響を与えることはございません。引き続きお客様及びパートナー企業様に対し、何一つ変わらぬ形でカスタマーデータプラットフォームを提供致します。今後もより一層お客様及びパートナー企業様との連携を行い、皆様のビジネスの成功と、この市場の発展に向けた支援を強化してまいります。
    本件については今後、各国での対応なども含め様々な協議を行い、取締役会による承認が行われた後に、2020年9月末までに譲渡が完了する予定となっております。
    私たちのネクストステップにおいて、さらなるカスタマーデータプラットフォームの進化と、蓄積されたデータを通じた最高の顧客体験を提供できるようにする事をお約束します。
    Arm データビジネス バイスプレジデント兼ジェネラルマネジャー
    芳川裕誠

    ARMのHPより。。

    ARMが売却されてもトレジャーデータはSBGに残るとの事です。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° お客様、及びパートナー企業 各位 本日、Armは、カスタマーデータプラットフォーム事業とIoT事業を

  • フードデリバリー向け配達員を派遣する「趣活」がナスダック上場へ 大株主にはバイドゥとソフトバンク

    2020年7月7日

    米国現地時間6月30日、労働力運用ソリューションプラットフォームを運営する「趣活科技(Quhuo)」(以下「趣活」)が、米国でのIPOに向け目論見書を更新した。目論見書によると、趣活は米国預託株式(ADS)を1株当たり9~11ドルで270万株発行する予定だ。趣活の最初の公募価格が1株当たり10ドルだった場合、正味調達額は2260万ドル(約24億3000万円)に上る見通し。趣活は7月10日に米ナスダックに上場する見込で、ティッカーシンボルは「QH」。

    2012年に設立された趣活は、主に生活関連O2Oサービス「美団点評(Meituan-Dianping)」やライドシェアサービス「滴滴出行(Didi Chuxing)」のような即時消費プラットフォームに技術サポートとエンドツーエンドの運用ソリューションを提供している。現在、主にフードデリバリー、ネット配車の運転手管理、家事代行、シェアサイクルの運営・メンテナンスといった4つの消費シーンをカバーしている。2019年末時点で、趣活は美団点評や滴滴出行のほか、フードデリバリーサービス「餓了麼(Ele.me)」、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、シェアサイクルサービス「モバイク(摩拜単車)」などと提携している。コンサルティング企業「Frost&Sullivan」のレポートによると、2019年の月間平均在職従業員数に基づく計算では、趣活は中国最大の労働力運用ソリューションプラットフォームである。2019年末時点で、同プラットフォームのMAW(月間平均アクティブワーカー数)は4万800人に達している。

    目論見書によると、機関投資家については、検索大手バイドゥ(百度)の持株比率はIPO前が12.24%で、IPO後には11.60%に希釈されるものの、4.58%の議決権を保有し、依然として最大の機関投資家である。また、ソフトバンクの投資子会社「Softbank China Venture Capital(SBCVC;軟銀中国)」の持株比率はIPO前が11.67%、IPO後は11.06%となっている。SBCVCは、趣活のIPOで最大200万ドル(約2億1500万円)相当のADSを取得する意向をすでに示している。

    先日上場した「Quhuo」バイドゥも出資している様です😊 知らなかったー!
    公募価格 10ドル 進捗です。。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° フードデリバリー向け配達員を派遣する「趣活」がナスダック上場へ 大株主にはバイドゥとソフトバンク

  • 2020年 7月 13日
    アリババ創業者の馬氏、過去1年で保有株82億ドル相当を売却

    [上海 13日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)の共同創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が、過去1年間で同社への出資比率を6.2%から4.8%に引き下げていたことが明らかになった。

    売却した株式は時価82億ドル相当。10日公表された同社の年次申請書類で明らかになった。

    馬氏は昨年9月に同社の会長を引退。慈善活動に力を注ぐ意向を示している。


    馬氏の平均売却価格は未公表。アリババ株は馬氏が1年前に6.2%の保有を明らかにして以降、約40%値上がりしている。

    アリババの蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)副会長も、過去1年間で保有株式を2.2%から1.6%に減らした。10日時点の株価で算出すると、売却した株式は33億ドルに相当する。

    馬氏と蔡氏は今年、新型コロナウイルス対策で各国の病院を支援するため、慈善団体を通じて大量の個人防護具を寄付している。

    アリババでは現在、張勇(ダニエル・チャン)氏が馬氏の後継者として会長を務めている。

    😊ジャック・マーさん。BABAの株式売却。。

  • >>2969

    こんにちは😊
    DIDI、利用料が高めですが付加価値や更なる利便性が期待できると思っています。。
    順調にIPOなども続いてまもりから一変、手堅い攻めに変わってきていますね。。
    何だか歯車が合ってきている様です。

    コロナ禍での業種別ニーズや方向性などの把握ができてきたのでしょうね。。
    このまままっしぐらに行ってちょうだーい。。てへ😊🌼

  • DiDi凄いですね…アプリ利用料にはびっくりでしたが、冷静に考えればサービスには対価が伴う… 便利さの対価、私なら時間を買う…DiDiを使います。

    ところでSBG…いよいよその超巨大な図体を持ち上げ始めたようです…加速がつくと大きく化けるかも^^

  • >>2967

    去年の秋、ボルボ社へ自動運転の普及の時期などについて市場調査をしました。
    訪ねに行ってみましたが、スタートラインはだいたいが同時期になると思います。との回答がありました😊
    自動運転で難しい点などいっぱい説明を聞いたけどたくさん呟けないので省略です。。🐈🧁
    ファっ(*ˊᵕˋ*)੭⭐️ DIDIの技術プロジェクトチームはすごいです!

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° 去年の秋、ボルボ社へ自動運転の普及の時期などについて市場調査をしました。 訪ねに行ってみましたが、ス

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • ソフトバンクから5億ドル調達のDiDi、2030年無人運転車100万台体制へ積極投資
    7/12(日)
    36Kr Japan

    滴滴出行が手がける自動運転車
    7月6日、ブルームバーグの報道によると、ライドシェア大手「滴滴出行(Didi Chuxing)」は自動運転部門の強化を図るため、今年200人に上る従業員を雇用する計画だという。同部門の従業員数は年末までに500~600人に達する見込みだ。

    2016年、滴滴出行は無人運転の試行を開始した。2017年、同社と米オンライン教育ベンチャー「Udacity」はシリコンバレーに無人運転アルゴリズムに挑む技術スタッフを世界中から招聘すると同時に、自動運転及びビッグデータ技術の研究開発を行う「Didi Labs」を設立した。最近はさらに、リアルタイムで車両と道路状況を監視し、必要な車両に適切な支援と指示を与えることができる中国初の自動運転セキュリティセンターを設立した。4年間の歩みの中で滴滴出行は、高精細地図、(通行人及び車両の)行動予測、走行ルート計画及び制御などバーティカルな分野に取り組む400人規模の研究開発チームを、米中両国で徐々に構築してきた。

    滴滴出行が手がける自動運転車の製造費は1台あたり100万元(約1530万円)以上だ。現在、同社の自動運転で使用されている車両は、原価が30万元(約460万円)以上するボルボのクロスオーバーSUV「XC60」である。このモデルには自動運転車向けLiDARセンサーメーカーの米「ベロダイン(Velodyne)」製で64レイヤーモデルのLiDARが1つ、同じくベロダイン製で16レイヤーモデルのLiDARが2つ、カメラが7つ、そしてミリ波レーダーや超音波レーダーなど、約20個のセンサーが搭載されている。滴滴出行が以前発表した目標によると、2030年までにプラットフォーム下に全自動無人運転車を100万台擁するとしているが、これには巨額の資金が投入されるだろう。

    2020年5月、同自動運転事業部門がソフトバンクの第2号ビジョン・ファンドから5億ドル(約540億円)の資金を調達した。これは滴滴が自動運転部門を分社化して以降初めての外部からの資金調達であると同時に、中国の自動運転企業が調達した金額としては過去最高額である。


    自動運転の強化を図るため今年200人以上の従業員を雇用計画😊400人規模の研究チームで構築してきた。

    ライドシェア、自動運転には、ビッグデータ量や技術力が最優先に求められるのだと思います。DIDIの技術力には海亀がついています。
    DIDI頑張れー!

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° ソフトバンクから5億ドル調達のDiDi、2030年無人運転車100万台体制へ積極投資 7/12(日)

  • >>2964

    こちらこそありがとうございます😊
    了解です。。SBGいい感じで上昇気流ですね🎈
    ごゆっくりしてくださいね。。

  • >>2963

    ありがとうございます。

    私の投稿を写メして再掲する異常者が居るので先の投稿は消しておきますね。

    しかしSBG、これから良くなりそうです^^

    いつも情報有難うございます😊

  • リフト、30年末までにEVに全面移行へ-温室効果ガス削減に向け
    6/18(木) 10:55

    (ブルームバーグ): 配車サービスの米リフトは、自社のサービスに利用する車両を2030年末までに電気自動車(EV)に全面移行する方針を発表した。ただ、それを実現するには、政策担当者や自動車メーカー、強力な充電ネットワークの支援に加え、何よりドライバーの協力が必要だ。

    新型コロナウイルス感染拡大を抑制するため自宅待機要請が出される中、配車サービス各社は苦境に陥っている。ウーバー・テクノロジーズは6700人の削減を実施し、リフトは1000人余りをレイオフないし一時帰休とした。

    リフトの共同創業者ジョン・ジマー氏は、新型コロナがもたらした痛みを「全てを見直す」好機と位置付けており、それには自社のロゴが入った車両も含まれる。EVへの移行について、ジマー氏は「これにより、当社はさらに優位に立てる」と述べた。
    カリフォルニア州当局は1月、配車サービスの温室効果ガス排出量が平均的な乗用車を1旅客マイル当たり50%上回ると判定。同州は世界に先駆け、配車サービスからの排出削減に向けたルールを策定すると見込まれている。

    😊重要事項。2 温室効果ガス削減に向け 030年末までに電気自動車(EV)に全面移行する方針を発表した。アジェンダ21 。プラネタリーバウンダリー。自ずと答えが出てくる対策なのかもです。。

  • ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、モビリティサービスのアプリと旅行予約プラットフォームの相互接続事業者で、英国のスタートアップであるSplyt Group Ltd.(本社:英国ロンドン、以下「Splyt(スプリット)」)の1,950万米ドル(約21億円※)のシリーズB投資ラウンドを主導し、このたび同社の主要株主になりましたのでお知らせします。

    この投資ラウンドには、American Expressの戦略的投資グループ会社であるAmerican Express Venturesなども参加しています。今回の出資に合わせて、ソフトバンクはSplytと業務提携し、法人事業統括 グローバル営業本部 執行役員本部長の野崎 大地がSplytの取締役に就任して、同社のグローバルな事業展開を加速させます。


    https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20200618_02/

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、モビリティサービスのアプリと旅行予約プラットフォーム

読み込みエラーが発生しました

再読み込み