ここから本文です
現在位置:
  • インドに隣接し、ヒマラヤ山脈を有する国、ネパール。

    地方の山岳地帯は経済的には豊かとは言えません。子どもたちは、勉強のための道具や本が揃っていなくても、 デコボコの山道を何時間もかけて通学してでも、学校に通い勉強したいと思っています。

    ランドセルがあれば、貴重な本をとても大切にすることができます。
    雨で本がボロボロになることを防ぐこともできます。家庭内でちょっとした机代わりにすることもできます。

    ランドセルをきっかけに、子どもたちには、もっと学んで自分の未来を切り開く力を身につけて欲しい。
    みなさまからいただいたランドセルをネパールの子どもたちに届け、教育課題の改善や学校の仕組みをより良くするための活動に利用していきます。

    ✨😊ワンウェブもネパールから。。
    皆に平等で教育ができる環境でありますように⭐️

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° インドに隣接し、ヒマラヤ山脈を有する国、ネパール。  地方の山岳地帯は経済的には豊かとは言えません。

  • ウーバー、南米初の電動自転車ライドシェア「Jump」のサービスをチリで開始

    2020年02月26日 サンティアゴ発

    米国ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズ(Uber)は2月17日、チリのサンティアゴ東部のラスコンデス地区において、電動自転車「Jump」のシェアリングサービスを開始した。サンティアゴでのサービス開始は南米初で、世界で32カ国目となる(「ラ・テルセラ」紙2月17日)。
    まずは、1,200台の電動自転車がラスコンデス地区に配置され、利用料金は1分につき150ペソ(約21円、1ペソ=約0.14円)となっている。自転車は、前輪にモーターが付いており、出力は250ワットで、速度は最大時速25キロまで到達することができる。搭載されているバッテリーによる航続距離は40キロで、使用できる時間帯は午前5時から深夜0時30分までとなっている。
    Jumpは、Uberのアプリをインストールして使用することができ、既にチリでサービスを開始しているシェアリング自転車やスクーターと同じくGPSで自転車を検索、予約し、QRコードでサービスを有効にして使用する。Uberの配車や宅配サービスを既に利用していたユーザーにとっては、同じアプリ内でJumpを利用することができるため、面倒な初期設定する必要がなく、使用しやすいところが利点といえる。

    Jumpラテンアメリカのルディ・ワン統括部長は「ウーバーが目指すのは、大気汚染と車両の混雑を軽減することで、利用者と都市の双方にメリットをもたらすという新しいオプションを通じて、次世代のライドシェアを構築するとともに、チリのモビリティ・エコシステム進展に貢献することだ」とコメントした。

  • Mystoreでは、事業者向けアプリ「Paytm for Business」に登録しているショップが商品のアップロードと販売ができるほか、販売代理業務も行える。こうしたショップがWhatsAppやFacebookなどのSNSでMystore上の商品をシェアし、このリンクから商品が購入されると、シェアしたショップに相応のマージンが入るという仕組みだ。同時に購入者もSNSでショップとの価格交渉を行うことができ、ショップが購入者に代わってMyStoreで商品をオーダーすることも可能だ。

    MyStoreの商品ジャンルは現時点で衣服、ジュエリー、調理器具および他の家庭用品など。MyStoreのポータルページは現在はPaytm for Business上にあるが、配送・返品手続きはPaytmのECプラットフォーム「Paytm Mall」によりサポートされている。

    https://36kr.jp/56210/

    ✨😊paytmさん。。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° Mystoreでは、事業者向けアプリ「Paytm for Business」に登録しているショップが

  • AI時代に東大とソフトバンクが目指す先は 藤井輝夫東大理事・副学長インタビュー (1/2)

    AI技術はもはや一過性のブームではなく、未来を語る上で必要なものになっている。東京大学はソフトバンクとともに「Beyond AI研究所」を設立する。このAI時代に東大とソフトバンクはどのような社会を目指しているのか、藤井輝夫東大理事・副学長に話を聞いたた。

    2010年代後半、囲碁の世界チャンピオンを打ち負かして一躍脚光を浴びた人工知能(AI)技術はもはや一過性の「(第3次)ブーム」などではなく、GAFAの席巻やCASEといった言葉に代表されるように、それ抜きではわれわれの未来は語れなくなっている。そんななか、東京大学がソフトバンクとともに「Beyond AI研究所」を設立する。わが国を支える産学の両雄は、いかにAIを「越え」、その先にどのような社会を築こうとしているのか。担当の藤井輝夫東大理事・副学長に聞いた。

    目指すは世界とごする「AIベンチャー」輩出

     「これまで、国から運営費交付金を受けている本学のような国立大学法人は、事業にかかわるにせよ、そこで発生した収益を得るにせよ、関与できる範囲は非常に限定的でした。しかし今回は経産省が運用促進と改正を進めているCIP制度を活用することによって、例えばBeyond A研究所発のベンチャー企業の株式については、貢献度を見合いながら、その企業の議決権に抵触しない範囲で割り当てを受けることも可能になりそうです」
    ー中略ー

    研究所を巡るエコシステムついてですが、将来的にどのような状態になれば「構築された」といえるのでしょう。SBグループから拠出される「年20億円」という数字がキーワードになるのでしょうか。

    「このエコシステムの理念を別の言葉でいえば、大学側が主体となって社会全体の資金循環を駆動する役割を果たすということです。

    わが国では久しく、企業の内部留保が莫大(ばくだい)な金額になっています。その一方で、『ハイリスク・ハイリターン』を承知のうえでベンチャー企業に投資するリスクマネーの動きは鈍く、有望な『日本発ベンチャー』が輩出する土壌が整いません。本学関連のベンチャー企業は約370社を数え、その時価総額はすでに1兆円を超えているとはいえ、世界と比較すると『まだまだ』で、それを打ち破るきっかけをつくりたいのです。

    ですので、一つ一つの事案の成否も大事ですが、Beyond AI研究所を通じて、ベンチャー企業やカーブアウトなどが輩出し、そこから『ヘルスケア』や『自動運転』といった一つの分野に限られることなく、成功例がダイナミックに、良い意味で雪だるま式に多方面に広がってゆく。それが目指すゴールだといえましょうか」

  • 2020/02/26(水)アジア経済

    配車グラブとゴジェック、合併交渉か
    シンガポールの配車サービス大手グラブとインドネシアの同業大手ゴジェックが合併交渉を進めているもようだ。米ニュースサイト「インフォメーション」が25日、情報筋の話としてレポートで公表した。ただ合併後の事業に関する協議が難航しており、合意には時間がかかる見通しという

  • トランプ大統領 新型ウイルス対策に2700億円規模の予算拠出へ
    2020年2月26日 新型コロナウイルス

    アメリカのトランプ大統領は新型コロナウイルスのワクチン開発などのため、日本円で2700億円規模の予算を拠出する方針を示し、株価が記録的な値下がりとなる中、経済への影響を抑える狙いがあるとみられます。

    25日までインドを訪れていたアメリカのトランプ大統領は帰国を前に、首都ニューデリーで記者会見しました。

    この中でトランプ大統領は、新型コロナウイルスについて「アメリカ国内では非常によくコントロールされている。日本から帰国した人も全員すぐに隔離されていて、問題はまったくない」と述べました。

    そのうえで、「ワクチン開発のため25億ドルの予算を認めた」と述べて、アメリカ政府が議会の承認を経たうえで、新型コロナウイルス対策として、25億ドル=日本円で2700億円規模の緊急の予算を拠出する方針を示しました。

    また、トランプ大統領は「新型コロナウイルスに関して習近平国家主席と話し、中国と非常に協力している」と述べ、問題の早期解決に向けて中国とも緊密に協力していると明らかにしました。

    アメリカでは24日、ニューヨーク株式市場のダウ平均株価が記録的な値下がりとなるなど新型コロナウイルスの影響が経済にも及んでいますが、トランプ大統領としては、ことし秋に大統領選挙を控え、対策を強調することで経済への影響を抑えるねらいがあるとみられます。

  • ■Slack連携の概要
    bellFaceと連携した該当Slackチャンネルへ自動的に商談履歴の通知を行います。
    商談を録画している場合、 録画データのURLも通知されるため、 商談動画をスムーズに確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000045.000033891.html?__twitter_impression=true

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° ■Slack連携の概要  bellFaceと連携した該当Slackチャンネルへ自動的に商談履歴の通知

  • 令和元年。日本では新しい時代が幕を開けるのと時を同じくして、パラオ共和国は、独立および日本との国交樹立25周年を迎えました。日本とは縁深いパラオ共和国の記念イヤー最大の行事として、2019年12月29日、これを記念した「2019-2020 日本-パラオ親善ヨットレース」が開催。

    1996年に開催されたグアムレース以来の開催となった、日本発の国際長距離外洋レース。そこでソフトバンクのあるものが活躍しました。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° 令和元年。日本では新しい時代が幕を開けるのと時を同じくして、パラオ共和国は、独立および日本との国交樹

  • 中国の滴滴出行、4月に大阪で食事デリバリーを開始
    2/25(火)

    [北京 25日 ロイター] - 中国配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は、4月から大阪で食事のデリバリー事業を開始する、と発表した。

    25日からパートナー企業の選定に入ったという。

    同社はソフトバンクと日本で合弁事業を行っており、海外展開を強化する方針。

    ✨😊DIDIeatsかな。。??

  • ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”のお客さまが米国内※1で、米国内および日本宛ての通話やSMS、データ通信が利用し放題になる※2サービス「アメリカ放題」の内容を、2020年3月7日に改定します。

    今回の改定で、従来iPhoneおよびiPadとしていた対象機種に、全ての“ソフトバンク”の機種※3を追加する他、米国のスプリント・コーポレーション以外の通信事業者を対象に追加することで、ネットワークを気にすることなく、快適に利用できるようにします。また、サービス利用料を無料にします。なお、改定後に「アメリカ放題」を利用するには、使用する機種の「データローミング」の設定をONにしていただく必要があります。

    今回の改定により、“ソフトバンク”のお客さまは、米国内においてレンタルWi-Fiなどを利用することなく、料金やネットワークを気にせず、気軽に音声通話やデータ通信をお楽しみいただけます。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”のお客さまが米国内※1で、米国内およ

  • MUFG:配車大手グラブに780億円出資、金融商品開発など提携
    2/25(火) 15:20配信

    (ブルームバーグ): 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、シンガポールに本社を置く配車大手グラブ・ホールディングスに最大7億600万ドル(約780億円)を出資することで合意した。グラブが25日、発表した。
    出資により両社は、金融商品を共同で開発するほか、配車サービスや金融サービスなどを1つのアプリ上で完結するグラブの「スーパーアプリ」ユーザーなど顧客向けの金融ニーズに対応する。
    グラブのミン・マー社長は発表文で、MUFGの出資は、グラブのスーパーアプリ戦略や持続可能なビジネスに対する信頼を示していると指摘。提携により東南アジア地域の数百万人に対して、手頃な金融商品やサービスを提供できると述べた。
    また、MUFGの亀沢宏規副社長は同文書で、グラブの先端技術とデータマネジメントの知見をMUFGが有する金融知識と統合することで、次世代金融サービスの提供が可能になると指摘。その上で、この提携によりMUFGのデジタル・トランスフォーメーションがさらに加速すると信じていると述べた。
    MUFGは2020年度までの中期経営計画で11の構造改革の柱を掲げ、デジタライゼーションは「全ての戦略を貫く柱」と位置付けて取り組んできた。関係者によると、今回のグラブへの出資は4月に社長に就任予定で、MUFGコインなどグループ全体のデジタル戦略の推進を担ってきた亀沢副社長が主導した。
    グラブは昨年12月、シンガポールの通信大手シンガポール・テレコムと共同で、同国のデジタルバンク(仮想銀行)の免許取得を申請。金融事業への参入を目指していた。グラブにはソフトバンクグループが総額26億6000万ドルを出資している。

  • ソフトバンク第2弾ファンド、医療診断とAI関連の新興2社に出資
    2/25(火)

    [24日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は24日、傘下の巨額投資ファンド第2弾「ビジョン・ファンド2」を通じて新興企業2社に出資した。対象となったのは米カリフォルニア州を拠点に医療診断サービスを手掛けるカリウスと、人工知能(AI)を駆使した社内管理プラットフォームを提供するニューヨークのビヘイボックスだ。

    カリウスは、単純な血液採取だけで即時診断が難しい感染症を検知する方法を開発。既に米国内で100を超える病院に採用されている。今回は約1億6500万ドルの資金調達を実施し、ソフトバンクが主導的な役割を果たした。カリウスがデラウェア州に提出した文書をロイターが確認したところでは、企業価値は7億ドル強と算定されている。

    カリウスのカーテス最高経営責任者(CEO)はロイターに「ソフトバンクのヘルスケア(投資)チームには豊富な経験があり、実際われわれはディリジェンスの課程でのさまざまな質問を通じて多くを学び取った。ヘルスケアチームは単に資金以上の大きな価値を付加してくれると期待している」と語った。

    一方、ソフトバンクはビヘイボックスに1億ドルを投じた。ビヘイボックスはAIで社員の電子メールや行動を分析し、法令順守の面で問題がないかどうかチェックするプラットフォームを運営し、顧客として銀行やプライベートエクイティを抱える。ソフトバンクも出資前にまず顧客になったという。

  • Apple、2020年にARメガネ、Arm Macを投入か
    Bloombergは、Appleが2020年をARの年にするため、Apple製ARメガネを発表予定と報じている。

    Appleは、2020年をARの年にするため、Apple製ARメガネの開発に取り組んでいると、Bloombergが伝えている。

    グラフィックスやゲーム開発における専門家を雇い、AR眼鏡専用App Storeも検討している可能性があるそうだ。

    また、2020年に発売されるiPhoneには3Dセンサーが搭載され、立体物を認識することが可能になり、5Gもサポートされる予定だという。

    さらに、Apple Watchへの睡眠管理機能の追加や、Armが動作するMacなども2020年に披露されると伝えている。

    ✨😊あー♫

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° Apple、2020年にARメガネ、Arm Macを投入か Bloombergは、Appleが202

  • 最初のArm Macは、2021年前半までに発表される? 著名アナリストが予測
    2/25(火)

    TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、今後12~18カ月以内にリリースされるAppleの新製品の1つは、Intel CPUを使用する代わりにApple製プロセッサを搭載したMacになると投資家へのレポートの中で予測していると、Appleinsiderが伝えている。

    Microsoft Surface Pro XにはArmベースの独自プロセッサSQ1が搭載されている

    クオ氏は、COVID-19の発生以来、AppleがARM CPUを搭載した最初のMacで採用することが期待される5nmプロセスチップの研究、開発、および生産への資金提供で「より積極的」になったと分析しているそうで、5nmチップが今年後半にiPhoneとiPadに不可欠になり、Macが2021年に登場すると考えているという。

    ✨😊armさん。。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° 最初のArm Macは、2021年前半までに発表される? 著名アナリストが予測 2/25(火)

  • ビジョンファンド2号、英監視ソフト企業に1億ドル出資へ-関係者
    2/25(火)

    (ブルームバーグ): ソフトバンク・グループのビジョンファンド2号は、コンプライアンス(法令順守)・従業員監視ソフトウエアを手掛ける英新興企業ビハボックスに1億ドル(約111億円)出資すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    同関係者らによると、出資は優先株の形で行われ、ビハボックスの企業価値を約5億ドルと評価している。関係者らは、情報が非公開だとして匿名を条件に語った。ビジョンファンドは代表者をビハボックスの取締役会に送り込むという。

    ビハボックスのマシンラーニング(機械学習)・高度分析ソフトウエアにより、企業は従業員が不正行為に及ばないか行動パターンを分析・チェックできる。ビハボックスの顧客にはソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズのほか、銀行やヘッジファンド、政府系ファンド(SWF)、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社が含まれる。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° ビジョンファンド2号、英監視ソフト企業に1億ドル出資へ-関係者 2/25(火)   (ブルームバーグ

  • >>2491

    こんばんは😊

    最強ですね^^

    ソフトバンク、グーグル、フェイスブック、アマゾン、スペースXと協力的な競争関係が、インターネットへのアクセスという社会的意義のある事業を促進させている。

  • 2020年2月23日

    ソフトバンク参加のコンソーシアム、ブロックチェーン基盤のキャリア間決済に成功

    ソフトバンクなどが参加する通信事業者コンソーシアム「キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ」で、国境を超えたキャリア間決済の実証実験に成功したと、同グループのブロックチェーンを開発する米TBCASoftが発表した。

    °˖✧~株のお話と癒しの空間へようこそ~✧˖° 2020年2月23日  ソフトバンク参加のコンソーシアム、ブロックチェーン基盤のキャリア間決済に成功

  • AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加
    2020年2月22日 TC

    これは両社が2019年4月に結んだパートナーシップの拡張で、Loonが使用するネットワークハードウェアが、HAPSMobileの長翼成層圏ドローンと互換性を持つことになる。両社はもっと多くのメンバーを歓迎しており、すでにAirbusの防衛および宇宙部門やBharti Airtel、China Telecom、Deutsche Telekom、Ericsson、Intelsat、Nokia、HAPSMobileの親会社SoftBank、Telefonicaなどが企業連合に参加している。
    モネ・プラットフォームに続き🛫空飛ぶ基地局のプラットフォームが出来てきましたね😊

読み込みエラーが発生しました

再読み込み