ここから本文です

ニュースで耳にしたのだけど、日本政府が Yahooなどインターネット・オークションの提供者に対して、重大な見直しを検討しているのだそうだ。

つまりコレまでは Yahooなどのオク主催者らは、「もし当社ネットオークション取引でトラブルが発生しても、当社は単なる"場所提供者"にすぎないので、何の責任も負わない、知った事か」と言うスタンスであった。

それが今 政府においては「そんな無責任が許されて良いのか」議論が行われているそうで、今後に何らかのオク主催者に対して管理責任が問われるような法整備が行われた場合、巨大市場「ヤフオク」の場を提供するヤフーにとっては、甚大な負担が生じるだろうね。

だいたいヤフーは、抹消したネット掲示板にせよ、ヤフオクにせよ、大変な開拓意欲でシステム改善に努力して来たことは論を待たないが、オークションにおける精神的被害感情(不当な悪評価などなど)に対しては、あまりにも無責任すぎたのは確か。

先日の「携帯2年縛りの廃止」などなど、昨今は行政からヤフー・ソフトバンクへの風当たりが非常に厳しくなって来た。 株価は大丈夫か? 近日また行われるらしい「PayPay100億円キャッシュバック PART2」も、今度はえらくショボクなるみたいだし。