ここから本文です
現在位置:
  • 朝鮮総連の議長・副議長、朝鮮大学学長など5人が北朝鮮国会議員に選出!




    朝鮮新報「北最高人民会議14期代議員に在日同胞5人」



    (聯合ニュース 韓国語 2019/03/23)


    北韓[以下、北朝鮮]第14期最高人民会議代議員選挙に当選した687人のうち、在日同胞5人が含まれたと在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙『朝鮮新報』が15日、報道した。

    代議員に選出された在日同胞は、
    https://youtu.be/romMUwgFJZw


    朝鮮総連中央常任委員会ホ・ジョンマン(許宗萬)議長(第617号極東選挙区)、
    ナム・スンウ(南昇佑)副議長(第494号復啓選挙区)、
    カン・チュリョン(姜秋蓮)副議長兼在日本朝鮮民主女性同盟中央委員長(第143号陽徳選挙区)、
    パク・チュンウ(朴忠佑)在日本朝鮮人商工連合会会長(第549号長津選挙区)、
    ハン・ドンソン(韓東成)朝鮮大学校学長(第294号義州選挙区)だ。

    このうち、パク・チュンオ会長とハン・ドンソン学長は今回初めて代議員に選出された。

    ホ・ジョンマン議長は1998年の第10期代議員選挙を皮切りに今回まで5回連続で代議員に選出された。カン・ツリョン副議長は第12・13期代議員を、ナム・スンウ副議長は第13期代議員を務めた。

    あわせて朝鮮新報は、本日、別途記事で北朝鮮では17歳以上のすべての公民に選挙権・被選挙権を保障するとし、「軍隊に服務する公民も、海外にいる公民も、朝鮮国籍を持つ他民族の人もこの権利を持つ」と紹介した。

    最高人民会議代議員の任期は5年で、今回構成された第14期代議員でキム・ジョンウン執権体制2期が発足すると見ることができる。(機械翻訳 若干修正)

  • <<
  • 4 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順