ここから本文です

任命してやったのに裏切りやがって、けしからん程度の発想でしょう。マティスもそうですが、少しでも自分に従順じゃないと首を切るパターンが特に最近顕著です。首が実現した場合の株価反応は微妙ですね。

  • >>13222

    アメリカの立法・行政は、今般のトランプの傍若無人ぶりを見て、同様の現象が再発しないよう、防止策として何らかの策をシステムの内部に組み込むのではないでのでしょうか?

    例えば、大統領を罷免する権限を有する陪審員のようなものを定期的(3カ月毎とか)に催すとか、あるいは、大統領の任期を2年に短縮するとか。

    皮肉な話ですが、先進国ではこの80年間ほどは忘却の彼方となっていた「民主主義システムが内在的に有する欠陥と危険性」を思い出させてくれたというトランプの功績は大ですね。

    振り子は再びトランプ的なものとは逆方向に振れると踏んでます。