IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米アップル、売上高・純益とも過去最高 10~12月、iPhoneなど伸長
1/28(金) 12:50配信
電波新聞デジタル

 米アップルが27日発表した2021年10~12月(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比11%増の1239億ドル(約14兆2000億円)、純利益同20%増の346億3000万ドルだった。半導体の供給不足で新製品出荷への影響が懸念されたが、旺盛な需要に支えられいずれも四半期ベースで過去最高を記録した。

 スマートフォン「iPhone」の売上高は同9%増の716億2800万ドル。中国を中心に新機種の販売が伸びた。パソコンも新型「Mac Book Pro」がけん引し同25%の増収。一方、タブレット「iPad」は半導体不足の影響が大きく14%の減収。

 地域別売り上げは日本が14%減少したが、その他の地域は過去最高となった。

電波新聞社 メディア事業本部 報道部

  • >>382

    アップルが決算受け上昇 サプライチェーン危機の克服示す=米国株個別
    株式 2022/01/28(金) 23:46

     アップル<AAPL>が上昇。前日引け後に10-12月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回った。アイフォーンを始め、各部門とも予想を上回る好調な売上高を示している。四半期ベースでは過去最高の売上高を記録し、パンデミックと半導体不足によるサプライチェーン危機を克服することができたことを示している。

     同社のクックCEOは声明で、「第1四半期の記録的な業績は、これまでにない革新的な製品およびサービスのラインナップによって実現した」と述べた。また、マエストリCFOは、「最近発売した新製品やサービスに対する消費者の反応が非常に良かった。それが売上高と利益の2桁の成長をもたらした」と述べた。

     また、サプライチェーンの制約が1-3月期にさらに緩和するとの見通しも示した。1-3月期の売上高は堅調な伸びになるとしたが、伸び率は10―12月期を下回るとし、サービス事業も鈍化するとした。具体的な売上高目標は提示せず、同四半期としては過去最高になると述べるに留めた。

     クックCEOはメタバースの概念について意見を問われ、アップルは拡張現実(AR)に大きく投資しており、ARアプリが既にアイフォーンで利用可能だと指摘。「この分野に多くの可能性があると受け止めており、それに基づいて投資している」と答えた。

    (10-12月・第1四半期)
    ・1株利益(調整後):2.10ドル(予想:1.90ドル)
    ・売上高:1239.5億ドル(予想:1190.5億ドル)
      製品:1044.3億ドル(予想:993.0.億ドル)
       アイフォーン:716.3億ドル(予想:677.4億ドル)
       マック:108.5億ドル(予想:95.3億ドル)
       アイパッド:72.5億ドル(予想:81.1億ドル)
       ウェアラブル・ホーム・アクセサリー:147.0億ドル(予想:141.6億ドル)
      サービス:195.2億ドル(予想:186.4億ドル)  
    ・中華圏売上高:257.8億ドル

    (NY時間09:36)
    アップル<AAPL> 163.32(+4.10 +2.58%)

    MINKABU PRESS編集部 野沢卓美