IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>236

続き

ジョエル・ファーマンは菜食を進めるアメリカの有名な医師の一人である。
彼は免疫力を向上しファイトケミカルを摂取してがんに立ち向かうための原理として、主に以下のような事柄を挙げている。
 
大盛りサラダを毎日食べる。
少なくとも半カップの豆類を料理して食べる。
3個の生の果物を食べる。
少なくとも28gのナッツか種を食べる。
少なくともサラダボウル一杯の緑色野菜を料理して食べる。
 
また、死を招く食品として以下の五つを挙げている。
バーベキューで焼いた肉、加工した肉、市販の赤い肉
揚げ物
低脂肪でない乳製品やトランス脂肪酸
清涼飲料水や砂糖や人工甘味料
精製された小麦製品