IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>423

公開日: 2021/06/12
米国上院の委員会が記者会見を行い、武漢の研究所からコロナが流出したことや、その研究所にCDCのファウチ博士が資金援助ー米国民の税金によるーを行っていたーことがわかったことや、中共とWHOの関係、BIGTEC、つまりフェースブックやメディアが主流メディアと共謀し情報をコントロールしていたことなどを発表しています。BIGTECにより前代大統領の発信やインドが初期治療に成功してるのに情報が制御されてきたこと(イベルメクチンのこと?)にも触れています。上院では、このような情報操作が起きないようにするための法制度を整備していくと言っています。ファウチ氏は職を追われ国会で追及されることも伝えていますね。

https://youtu.be/wKjz2ej7g2o