ここから本文です

【世界初、自動運転タクシー等によるMaaSを活用した都市交通インフラの実証計画が始動】
2019/07/22 11:00
PR TIMES
 東京空港交通株式会社(以下、東京空港交通)、東京シティ・エアターミナル株式会社(以下、T-CAT)、日本交通株式会社(以下、日本交通)、日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社JTB(以下、JTB)、株式会社 ZMP(以下、ZMP)の7社は、東京都事業である 『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』 に基づき、MaaSを活用して空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を行います。空港リムジンバスと自動運転タクシーが連携したサービスは世界初の試みです。
 日の丸交通とZMPと三菱地所は昨夏、丸の内エリアにおいてZMPが開発した自動運転車両を用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させ、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスの有用性を検証いたしました。本年は、この取り組みをさらに発展させ、成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナルを結ぶ空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させることで、空港から都心部である丸の内エリアへのスムーズな移動を目指します。自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナル(東京都中央区)と丸の内パークビルディング(東京都千代田区)を結ぶ約3kmを予定しており、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供します。さらに、空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSという概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行います。
 本計画では、モビリティの連携により、交通混雑解消や環境負荷の低減を目指すだけでなく、年々増加するインバウンド観光客の移動の効率化も期待できるほか、交通弱者のサポートや慢性的なドライバー不足への対応を企図しています。自動運転および複数インフラ連携を用いた本計画により、街における先進的な都市交通インフラの導入可能性を検証し、国際都市・東京の更なる機能向上を目指します。(以下略)

ZMPとZMP関連銘柄を語る 【世界初、自動運転タクシー等によるMaaSを活用した都市交通インフラの実証計画が始動】 2019/0

  • >>24160

    ⬆世界初?!
    >業界初、普及が加速しそうだ!
    【保育園の紙おむつ、定額使い放題 ユニ・チャームが業界初】
    7/22(月) 19:11配信
     紙おむつ最大手のユニ・チャームが、保育園向けに乳幼児が使う紙おむつを定額で使い放題とするサービスを始めたことが22日、分かった。保護者がおむつを持参する必要がなく、需要が多いと判断した。ユニ・チャームによると、メーカーによる子ども用紙おむつの定額制導入は初めてという。今年初めに本格展開を始め、導入先は既に13都府県の100カ所近くに上っており、普及が加速しそうだ。
     保育士の人材サービスを手掛ける大阪の企業と提携して実現した。月額は週5日登園で0歳児が3240円、1歳児が3024円、2歳児が2700円。おむつの大きさは5種類を用意した。

  • >>24160

    【空港バスと自動運転タクシー連携 日の丸など実験】
    2019年7月22日 19:30
    日経新聞
    タクシー大手の日の丸交通(東京・文京)や自動運転技術のZMP(同)、空港へのバスを運行する東京空港交通(東京・中央)など7社は22日、空港バスと自動運転タクシーを連携する実証実験を行うと発表した。訪日外国人(インバウンド)の増加などを念頭に、自動運転を組み合わせた次世代移動サービス「MaaS(マース)」の有効性を検証する。
    11月に2週間の日程で実験を実施する。成田空港や羽田空港と東京都心部を結ぶバスが発着する東京シティエアターミナル(東京・中央)と、東京・丸の内との間(約3キロメートル)を自動運転タクシーで走行する。バスとタクシーはスマートフォンを使い一括で予約できるようにする。
    実験ではZMPが開発したミニバン2台を使用する。自動運転システムやセンサーを搭載しており、車線変更や右左折、停車などの操作を自動でする。
    この車両を日の丸交通と日本交通がタクシーとして運行する。運転自体はシステムが担うが、乗務員は同乗する。JTBも関連の旅行サービスを検討、販売する。
    自動運転タクシーを既存の別の交通インフラと組み合わせて活用できることを実証し、観光客の効率的な輸送やドライバーの人手不足解消を目指す。

  • >>24160

    ⬆世界初、定額使いたい放題
    【ZMPなど7社の「日本版MaaS」実験が意味するものは何か】
    佃 義夫
    2019.7.26 5:05
    https://diamond.jp/articles/amp/209874?display=b
    (前略)
     ZMPは、7月23〜26日まで都内で「ZMPワールド2019」を開催。ZMPが起こすロボリューションの挑戦を量産化というテーマで各種セミナーを展開した。
     今回発表されたモビリティサービスでも、ZMPが自動運転タクシーとして開発したミニバンタイプのZMPロボカーが使用され、自動運転と複数インフラの提携で先進的な都市交通MaaSの可能性を検証する。
     来年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてもその動向は注目されよう。
     すでにZMPが開発した自動運転タクシーは、日の丸交通、三菱地所と連携して昨夏に東京・丸の内エリアと六本木を結ぶ自動運転走行を実証実験している。ここで、需要の多い都心部路線でのタクシードライバー不足解消等に向けての活用策や、ICT技術を活用した配車サービスの有用性と安全性(無事故)を実証している。
     ZMPの谷口恒社長は「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造することをミッションとし、ヒトとモノの移動を最適化するMaaSに向けて、当社もR&Dから量産化の時代に切り替わった」として、関係先との連動を積極化することを明言する。
    自動運転モビリティの新モデル「ロボカーウォーク」も発表
     ZMPは今回の実証計画の始動とともに、自動運転モビリティの新モデル「ロボカーウォーク」も発表した。
     このロボカーウォークは、目的地まで自立移動することにより、空港・商業施設・観光地などさまざまな場面において安心で確実な移動を提供する「車いすでもなく、シニアカーでもない」(谷口社長)パーソナルロボカーである。
     ロボカーウォークについては今後、「まずは空港やショッピングセンターなどでの商業化・量産化に取り組んでいく」(同)としている。
    米国や中国とはちょっと異なる日本版MaaSとしてのチャレンジ
     一方、ZMPがタクシー会社等と連携して取り組む空港リムジンバスや自動運転タクシーなどの都市交通インフラは、自動運転で先行する米国や中国とはちょっと異なる、日本版MaaSとしてのチャレンジともいえよう。
    (以下略)

  • >>24160

    【JTBが進めるMaaS領域における取り組みまとめ】
    自動運転タクシーとの連携やモビリティシェアなど
    自動運転ラボ編集部
    2019年08月03日 01:38
    国内旅行業大手の株式会社JTB(本社:東京都品川区/代表取締役社長:髙橋広行)が近年、MaaS(Mobility as a Service)領域に力を入れている。
    旅行には、必ずと言えるほど移動が伴う。さまざまな移動手段をパッケージ化し、多種多様な旅行サービスを提供する同社にとって、MaaSは事業の柱を担う根幹となり得る概念だ。
    今回は、MaaSに関連する同社の取り組みを調査し、MaaS領域において将来どのような展望を持っているのか、探ってみた。
    (中略)
    ■2019年11月に空港バスと自動運転タクシー結ぶMaaS実証実験を実施
    東京空港交通株式会社、東京シティ・エアターミナル株式会社、日本交通株式会社、日の丸交通株式会社、三菱地所株式会社、株式会社ZMP、及びJTBの7社は2019年7月、MaaSを活用し空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させた都市交通インフラの実証実験を行うことを発表した。
    東京都の事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に基づいたもので、日の丸交通とZMPらが2018年度に丸の内エリアで実施した自動運転タクシーの営業サービス実証実験を発展させ、成田・羽田両空港と東京シティ・エアターミナルを結ぶ空港リムジンバスと自動運転タクシーを連携させることで、空港から都心部である丸の内エリアへのスムーズな移動を目指すこととしている。
    ZMPが開発した自動運転タクシーの走行区間は、東京シティ・エアターミナルと丸の内パークビルディングを結ぶ約3キロを予定しており、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供する。空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSに適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証を行う。
    実施時期は2019年11月中の2週間で、9月ごろにウェブサイトで利用者を募集する予定。
    (以下略)

  • >>24160

    ⬆MaaS
    【「働くクルマ」の自動運転 実用化に向けた動きが加速する理由】
    車両価格が億単位でも普及?
    2019.08.05
    野元政宏
    https://www.netdenjd.com/articles/-/217914
    (前略)
    日の丸交通と日本交通は、ZMPが開発したシステムを搭載した自動運転タクシーと、羽田/成田空港のリムジンバスを連携させた移動サービスを、2019年11月に2週間にわたって実証する。日の丸交通は昨年8月、六本木と大手町を結ぶルートで、自動運転タクシーの実証実験を実施した。運賃は1500円の定額で、13日間で95回運行し、345人が自動運転タクシーを体験したが「無事故・無違反で実験を完了した」という。日の丸交通の富田和宏社長は「自動運転はタクシーの需給バランスの調整弁として活用したい」としており、すべてを自動運転化するのでなく、ドライバー不足の部分だけに活用する方針だ。
    今回の実証は自動運転タクシーと空港リムジンバスを組み合わせた移動サービスを、スマートフォンのアプリで一括予約できるようにして、利用者の利便性を評価する。タクシー事業のコストの内訳では7割以上が人件費で、車両コストは2割程度。自動運転タクシーによって車両コストは上昇するものの、人件費を抑制できる。さらに、自動運転タクシーに、他の交通機関を組み合わせたMaaSでの事業を展開することによる輸送需要の拡大も見込む。自動運転タクシーによって運転手不足の課題解決とともに、事業採算性改善の可能性を探る狙いもある。ZMPでは2023年には自動運転タクシーの実用化を目指している。
    (以下略)

    ZMPとZMP関連銘柄を語る ⬆MaaS 【「働くクルマ」の自動運転 実用化に向けた動きが加速する理由】 車両価格が億単位でも普及