ここから本文です

【なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏】
7/21(日) 16:05配信
毎日新聞
 参院選は投開票日の21日を迎えました。投票が終わる午後8時、テレビ局は当選が確実となった候補者の名前や各政党の獲得議席予測を一斉に報じます。国政選挙では恒例のようになっていますが、開票作業が始まっていないのになぜ結果が分かるのでしょうか。TBSテレビの選挙特番で当落判定の責任者を務める嶌暢大(のぶひろ)さんに、各局が総力戦で臨むという選挙報道の舞台裏を聞きました。【青木純】
 「しっかりとした根拠がなければ『当選確実』は流せません。候補者一人一人、確信を持って速報しています」
 21日の特別番組「Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル」を担当する嶌さんによると、午後8時の「当選確実」を誰に出すかは、その1時間ほど前の会議でほとんど固まっているそうです。多くの地域では、投票時間は午後8時まで。つまり、まだ投票が続いている段階で「当選確実」を決めていることになります。その判断材料の中で大きなウエートを占めるのが、有権者の投票行動を示す2種類のデータです。
 その一つが、何日も前から繰り返し行う「電話調査」の結果です。調査ではオペレーターやコンピューターがランダムに選んだ家庭に電話をかけ、誰に投票するのかや、支持政党などを尋ねます。「リアルタイムで有権者の考えていることが分かるのですが、最近は固定電話がない家も多いので調査対象が限定されます。曜日や時間帯によって回答してくれる人の年齢、性別などにも偏りが出てきます」と嶌さん。そこで使うのが、過去の調査結果と実際の得票を照らし合わせてつくった補正のための計算式です。この計算式を使うと、より実際の得票に近いデータが得られるのだそうです。
 そして、もう一つの大事なデータが「出口調査」の結果です。選挙当日に投票に行けない人のための「期日前投票」の投票所、そして選挙当日に各地に設けられる投票所の前に調査員が立ち、出てきた人に直接「誰に投票しましたか」と尋ねるのがこの出口調査です。電話調査と同じように一定数のサンプルを調べて、全体の傾向を探ります。嶌さんは「昔は選挙当日の出口調査に重きを置いていましたが、最近は期日前投票をする人が増えているので、そちらの方もしっかり調査しています」と言います。
(以下略)

  • >>24146

    >選挙速報
    【参院選 与党 改選過半数確実 改憲勢力3分の2に届く可能性も】
    2019年7月21日 20時00分
    NHKweb
    21日投票が行われた参議院選挙で、NHKが行った出口調査や情勢分析によりますと、自民・公明両党は改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です。また、自民・公明両党と日本維新の会をあわせた憲法改正に前向きな勢力は参議院全体の3分の2を維持するのに必要な85議席に届く可能性もあります。一方、立憲民主党は改選前の9議席から倍増する可能性があります。
    NHKは有権者の投票行動や政治意識を探るため、投票日の21日、全国およそ1700か所の投票所で、投票を終えた有権者およそ15万5000人を対象に出口調査を行い、65%にあたる、10万1000人余りから回答を得ました。
    出口調査や情勢分析の結果、自民・公明両党は、合わせて67議席から77議席を獲得する見通しで、改選議席の過半数にあたる63議席を上回るのは確実です。一方、改選前の77議席に届くかどうかは微妙な情勢です。
    このうち自民党は55議席から63議席を獲得する見通しで、前回・3年前の選挙で獲得した56議席を上回る勢いです。
    立憲民主党は16議席から22議席と、改選前の9議席から倍増する可能性があります。
    国民民主党は5議席から7議席を獲得する見通しです。
    公明党は改選前の議席を上回り、12議席から14議席を獲得する見通しです。
    共産党は5議席から8議席を獲得する見通しです。
    日本維新の会は改選前の議席を上回り、8議席から11議席を獲得する見通しです。
    社民党は1議席を獲得する可能性があります。
    れいわ新選組は1議席から3議席を獲得する可能性があります。
    このほか野党が推す無所属の候補とその他の政治団体を合わせて6議席から10議席を獲得する見通しで、このうちNHKから国民を守る党は1議席を獲得する可能性もあります。
    選挙戦の勝敗を左右する全国32の1人区では、すでに自民党が16議席を、野党の統一候補が3議席を獲得しています。最終的には自民党が22議席から26議席を、野党側が6議席から10議席を獲得する見通しです。
    一方、自民・公明両党に、憲法改正に前向きな日本維新の会を加えた3党の合計は76議席から88議席の見通しで、参議院全体の3分の2を維持するのに必要な85議席に届く可能性もあります。