ここから本文です

>>23506

⬆もはや伝統芸能?!
>どこまでも「責任転嫁」…ぷ
【北漁船亡命事件への対応批判に韓国大統領府「報道のせい」】
2019/06/22 10:05
 大統領府の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は21日、北朝鮮漁船の「入港亡命」事件について、「(入港亡命関連)報道が出てはならなかった」「もし4人が全員亡命の意思を持って来たなら、それが報道されることで南北関係は非常に行き詰まっていただろう」「報道機関で報道されると、北朝鮮はすぐに『送還しろ』と要求してくるではないか」「間違って認識されている部分が報道され、増幅された」と述べた。南北関係を考えて今回の事態への対処が消極的だったことを間接的に認めると同時に、報道機関のせいにしたものだ。軍内部とその周辺では、「尹道漢秘書官の発言は大統領府と関係部処(省庁)が今回の事件に消極的な対応をした背景を物語っていると言える」という声もある。
(中略)
 大統領府がこの日、「軍は今回の事件を歪曲(わいきょく)・縮小したことがない」と記者会見をしたのも物議を醸した。批判が大統領府に向けられるのを防ぐため、かばったのではないかということだ。
 軍・統一部・海洋警察などは、今回の事件の対応過程で適切に意思疎通を図っていなかった。軍は「海洋警察がモバイルメッセージでプレスリリースを出したことを知らなかった」と、統一部は軍が第1艦隊に保管している北朝鮮漁船について「廃棄した」と言い続けた。ある軍関係者は「海洋警察から最初の状況報告を受けながら、なぜその内容を発表しなかったのか」という問いに、「最初の状況報告とは違う報道が出て、合同尋問調査などで事実とは違うことを知った」と語った。各部処が右往左往しながら責任を押し付け合う中、大統領府は司令塔としての役割をきちんと果たせていなかった。また、特に説明することなく「隠ぺい・縮小・操作はなかった」とだけ述べた。政府関係者は「警戒上のミスばかり浮き彫りにして、軍の一部にだけ責任をかぶせようとしているのではないか」と話す。政府が南北対話の火種を消してはならないと考えている状況で、「入港亡命」が知られないように隠そうとしていたのではないかと指摘の声が上がっている。
梁昇植(ヤン・スンシク)記者
朝鮮日報日本語版

  • >>23616

    ⬆伝統芸能
    >もはや芸術的
    【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】韓国「ホワイト国」除外は当然の措置 “お門違い”の文政権…日韓関係を築くために何をした?
    2019.7.20
     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、半導体素材の輸出管理を強化した日本に対し、「半世紀にわたって積み重ねてきた韓日経済協力の枠組みを破壊する」「結局は日本経済に大きな被害が及ぶことを警告しておく」などと強く批判したという。あきれ果てた。今回は、これがいかに「お門違いの発言」かを、はっきりさせたい。
    (中略)
     だが、韓国は大統領に関するコラムが名誉毀損(きそん)に当たるとして、他国の新聞記者を在宅起訴するような国家であり、まともな民主主義国家なのか甚だ疑問だ。
     問題山積の韓国を、ホワイト国として認めろという方に無理がある。除外は当然だ。
     この問題で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は10日、マイク・ポンペオ米国務長官と電話会談し、日米韓の「3国協力にも望ましくない」などと“泣き付いた”ようだが、自国の立場が分かっているのか。
     ドナルド・トランプ米大統領が最も信頼する海外の首脳は、日本の安倍晋三首相である。日本側は事前に、米国側に今回の措置を伝達していたとされる。韓国の主張をうのみにするはずがない。現に、韓国メディアによると、ハリー・ハリス駐韓米大使は「米国が介入する状況ではない」と突き放したという。
     もはや芸術的ともいえる「墓穴の掘り方」であり、現在でも、その穴は深く大きくなっている。韓国が今後、どこへ堕ちていくのか見ものだ。

  • >>23616

    ⬆伝統芸
    【日本の経済報復に断固たる対応、文大統領の支持率8ヶ月ぶりに最高値=韓国の反応】
    2019/07/22 15:00 コメント559
    ▼韓国のポータルサイトネイバーから、「日本の経済報復断固たる対応、文大統領の支持率8ヶ月ぶりに最高値」という記事を翻訳してご紹介。
    2019.07.22|9:57
    文在寅大統領の国政支持率が大幅に上昇し、8ヶ月ぶりに最高値を記録したという世論調査結果が22日、出てきた。
    リアルメーターがYTNの依頼を受けて、今月15~19日、全国の有権者2505人を対象に調査(信頼水準95%、標本誤差±2.0%)した結果、文大統領の国政遂行に対する肯定的評価は、先週より4.0%上昇した51.8%と集計された。
    これはリアルメーターの週間集計基準で、昨年11月第3週(52.0%)以来、8ヶ月ぶりの最も高い数値だ。
    今月15~17日、平日集計基準肯定評価が2.9%上昇した50.7%で示されたものと比較すると上昇率が拡大したが、平日集計よりも調査対象が多い週間集計で上昇率が拡大したのは異例のことだ。それほど上昇が強かったという意味である。
    文大統領の国政遂行に対する否定の評価は、4.2%下げた43.1%であり、肯定・否定評価の格差は、誤差の範囲外の8.7%に広がった。
    肯定評価は、ほとんどの地域と階層で増加したのに対し、保守層では減少した。
    リアルメーターは、「日本の経済報復に対抗した日本製品の不買運動など、反日世論拡散、政府の対日対応基調、朝鮮・中央日報日本語版記事と日本のフジTVの文大統領弾劾主張に対する批判世論拡散などによるもの」と分析した。
    先週、韓国ギャラップの調査(7月16~18日、全国の有権者1200人調査、信頼水準95%、標本誤差±3.1%)でも、文大統領の職務肯定率は3%上昇した48%を記録した。否定率は1%下げた44%と同様の流れを示した…(省略)
    1. 韓国人
    文在寅信者の扇動と操作は世界1位だ
    共感:5800|非共感:3225
    2. 韓国人
    >>1
    扇動してるのはお前だろ
    共感:6|非共感:7
    3. 韓国人
    >>1
    私の周りの数十人の中で、文在寅の支持者はほとんどいないのに、支持率は50%を越えているという
    共感:71|非共感:66